特集

御蔵入三十三観音


Loadingお気に入りに登録お気に入り一覧
御蔵入三十三観音

「御蔵入(おくらいり)」とは、江戸時代の幕府直轄領の名称です。寛永20年(1643年)に現在の南会津町田島地区を中心とした南会津郡全域と、栃木県の五十里湖までの約55,000石の地域が 『 南山(みなみやま)御蔵入領 』 として定められました。

御蔵入三十三観音

 

※MAPは、日本遺産に指定された「会津の三十三観音めぐり ~巡礼を通して観た会津の文化~」として、会津地方各地の三十三観音等を表示しています。御蔵入三十三観音めぐりは紫の番号です。

 

《 御蔵入三十三観音 》

 

御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音
 
御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音
 
御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音
 
御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音
 
御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音
 
御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音
 
御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音
 
御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音
 
御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音
 
御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音
 
御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音御蔵入三十三観音

 

 

 

《 永田西国三十三観音 》

 

御蔵入三十三観音

 

このページの
トップヘ