スポット

照国寺 御蔵入三十三観音 第25番札所(しょうこくじ)


Loadingお気に入りに登録お気に入り一覧
照国寺 御蔵入三十三観音 第25番札所写真

南会津町観光

御蔵入三十三観音第25番札所です。 鎌倉時代から戦国時代にかけて、久川城主として伊南郷を支配した河原田氏の菩提寺とされています。第3代領主である河原田盛儀によって造営されました。 入口にそびえる二間四面で木造2階建ての楼門は、造りも珍しく、一見の価値があります。

住所
〒967-0501 福島県 南会津郡南会津町 古町小沼2025
TEL
0241-62-3000(南会津町観光物産協会)
営業時間

 

照国寺 御蔵入三十三観音《 観音堂について 》

■寺  院 照国寺
■宗  派 時宗
■住  所 南会津町古町字小沼2025
■本  尊 聖観音立像
■文化財 木造阿弥陀如来坐像(善導寺、県重要文化財)
藤原時代の名作にして俗に黒仏様と称し、古い歴史と伝説に富む御仏であり、正徳元年に京都より下されました。本尊は、桧の寄木造り、豊かな頬、彫りの浅い衣文など、藤原木の特徴を現しており、江戸期の会津仏師に大きな影響を与えたとされます。
■御詠歌 照る程の国は標茅が原なれば

たれか誓ひの影にもるべき

 

 

《 アクセス 》

 

■国道401号、伊南地区の伊南郵便局から150mほど南郷寄りを曲がると30mほどでお寺の門があります。
■数台の駐車スペースがあります。
■24番 -〈0.9km〉- 25番 -〈1.7km〉- 26番
※MAPは、日本遺産に指定された「会津の三十三観音めぐり ~巡礼を通して観た会津の文化~」として、会津地方各地の三十三観音等を表示しています。

御蔵入三十三観音めぐりは紫の番号です。

 

 

《 周辺の様子 》

 

照国寺 御蔵入三十三観音
正面から

照国寺 御蔵入三十三観音
観音堂と本堂

照国寺 御蔵入三十三観音
楼門

 

照国寺 御蔵入三十三観音
門から見ると正面に観音堂

照国寺 御蔵入三十三観音
伊南地区中心部方面から
南郷方面を見て

照国寺 御蔵入三十三観音
南郷方面から
伊南地区中心部方面を見て

 

 

御蔵入三十三観音 古町栄耀堂 御蔵入三十三観音 照国寺 御蔵入三十三観音 青柳観音堂 御蔵入三十三観音

 

 

このページの
トップヘ