スポット

小野観音堂 御蔵入三十三観音 第10番札所(おのかんのんどう)


Loadingお気に入りに登録お気に入り一覧
小野観音堂 御蔵入三十三観音 第10番札所写真

下郷町観光

御蔵入三十三観音の10番札所です。小野観音堂は、1813年(文化10年)に、現会津若松市 善龍寺の大雄得明和尚が、小野岳山頂に祀られていた十一面観音立像を現在の地(小野岳の麓近く)に遷して建立したものです。小野観音堂は、小野岳登山道入口にあります。

住所
〒969-5206 福島県 南会津郡下郷町 湯野上 居平甲
TEL
営業時間

 

小野観音堂 御蔵入三十三観音

《 観音堂について 》

■寺  院 別当万願寺
■宗  派 曹洞宗
■住  所 下郷町湯野上字居平甲
■本  尊 十一面千手観音立像
■文化財 鰐口(県重要文化財)、絵馬(町指定文化財)
■御詠歌 おのづから たのみをかくる 観世音

みちびき給へ 知るも知らぬも

 

 

《 アクセス 》

 

■国道121号を大内宿方面へ折れてすぐ、小野観音堂・登山口の杭標識を目印に右へ。
■急な坂道を600mほど上ると集落に入り、観音堂の入口には数台分の駐車スペースがあります。
■9番 -〈25.2km〉- 10番 -〈7.3km〉- 11番
※MAPは、日本遺産に指定された「会津の三十三観音めぐり ~巡礼を通して観た会津の文化~」として、会津地方各地の三十三観音等を表示しています。

御蔵入三十三観音めぐりは紫の番号です。

 

 

《 周辺の様子 》

 

小野観音堂 御蔵入三十三観音
左手から

小野観音堂 御蔵入三十三観音
1703年(元禄16年)奉納の元禄浮世絵の絵馬

小野観音堂 御蔵入三十三観音
1段下の広場から

 

小野観音堂 御蔵入三十三観音
山門の内部

小野観音堂 御蔵入三十三観音
御朱印はご自由にとのこと

小野観音堂 御蔵入三十三観音
観音堂の案内板

 

小野観音堂 御蔵入三十三観音
集落の駐車スペースから

小野観音堂 御蔵入三十三観音
観音堂への坂道から湯野上温泉を一望

小野観音堂 御蔵入三十三観音
国道121号を大内宿方面へ折れてすぐ右

 

 

御蔵入三十三観音 御蔵入三十三観音  御蔵入三十三観音

 

 

このページの
トップヘ