スポット

中の沢観音堂 御蔵入三十三観音 第11番札所(なかのさわかんのんどう)


Loadingお気に入りに登録お気に入り一覧
中の沢観音堂 御蔵入三十三観音 第11番札所写真

下郷町観光

御蔵入三十三観音の11番札所です。中の沢観音堂は、仏都会津の祖、慧日寺の徳一大師台紙によって開かれたとされます。平安時代に建立された観音堂が消失し、室町時代初期に再建されたものと考えられています。解体修理の際に、柱礎石と聖観音立像に焼損の跡があることと、脇侍不動明王像に1388年(嘉慶2年)の年号を含む銘があるそうです。1960年(昭和35年)に国の重要文化財に指定されています。

住所
〒969-5332 福島県 南会津郡下郷町 中妻字観音前228
TEL
0241-69-1144
営業時間

 

中の沢観音堂 御蔵入三十三観音

《 観音堂について 》

■寺  院 別当旭田寺
■宗  派 真言宗
■住  所 下郷町中妻字観音前228
■本  尊 聖観音立像
■文化財 観音堂(国重要文化財)
■御詠歌 中つまと 尋ね来ぬれば 中之沢

我が世の中の ちかいたのもし

 

 

《 アクセス 》

 

■10番小野観音堂からは、国道121号を下郷町弥五島地区内で曲がり、大川(阿賀川)を渡り県道347号へ。
■下郷町中妻地内で中の沢観音堂の案内札を曲がり250mほど。
■数台分の駐車スペースがあります。
■10番 -〈7.3km〉- 11番 -〈2.5km〉- 12番
※MAPは、日本遺産に指定された「会津の三十三観音めぐり ~巡礼を通して観た会津の文化~」として、会津地方各地の三十三観音等を表示しています。

御蔵入三十三観音めぐりは紫の番号です。

 

 

《 周辺の様子 》

 

中の沢観音堂 御蔵入三十三観音
正面から

中の沢観音堂 御蔵入三十三観音
右手から

中の沢観音堂 御蔵入三十三観音
駐車スペースから

 

中の沢観音堂 御蔵入三十三観音
案内看板

中の沢観音堂 御蔵入三十三観音
中の沢観音堂の案内札を曲がって250m

中の沢観音堂 御蔵入三十三観音
案内札はこちら側からし見えません

 

 

御蔵入三十三観音 御蔵入三十三観音 御蔵入三十三観音 御蔵入三十三観音

 

 

このページの
トップヘ