スポット

塔のへつり(とうのへつり)


Loadingお気に入りに登録お気に入り一覧
塔のへつり写真

下郷町観光

長い年月をかけて自然が作り出したこの渓谷は、塔の形が立ち並ぶ断崖という意味から「塔のへつり」と名づけられました。へつりとは地元の言葉で断崖のことです。塔の形をした断崖まで吊り橋が架けられ、断崖内部の一部を見学することもでき、その特異な形から、1943年に国の天然記念物に指定されています。 塔のへつりには、形状によって様々な岩の名がつけられています。「夫婦石」と呼ばれるものもありますが、想像力を働かせてみるのも楽しみの一つです。

住所
〒969-5204 福島県 南会津郡下郷町 弥五島下タ林
TEL
0241-68-2920
営業時間
見学自由(無料)

100万年にもわたる侵食と風化が生み出した奇岩が連なる景勝地、塔のへつり。

国指定天然記念物となっており、下郷町の最も有名な景勝地のひとつです。

そそりたつ岩壁に沿って散策しながら、自然の造形美を堪能してください。

【アクセス】会津鉄道 塔のへつり駅より徒歩3分

【駐車場】あり

【お問い合わせ】0241-68-2920(下郷町観光案内所)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

 

このページの
トップヘ