Warning: Creating default object from empty value in /home/oideyominamiaizu/www/wp/wp-content/plugins/wp-favorite-posts/wp-favorite-posts.php on line 152
【南会津イベント情報】只見四名山山開き | おいでよ!南会津。

お知らせ

イベント【南会津イベント情報】只見四名山山開き


Loadingお気に入りに登録お気に入り一覧

只見4名山

 

只見4名山只見町では今年は雪解けが早く、新潟県へ抜ける国道252号もGW前に開通しました。ということで待望の山開きシーズンが到来します。

只見四名山は、下記の日程で山開きを開催します。雪国の登山道は毎年雪崩で傷んでしまうため、点検整備をしてから登山シーズンが始まります。当日は、登山口での開山式、下山後に甘酒をご用意しております。ぜひご参加ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《 要害山(ようがいさん) 》
(只見町観光まちづくり協会さんのHPより)
JR只見駅の裏にある里山ですが、雪崩地形や日本海側植生など、只見町らしい自然がコンパクトに凝縮しています。また歴史の山でもあり、戦国時代に水久保城という山城が築かれ、伊達政宗軍の侵攻にも耐えたといわれています。今年は例年よりも季節が進んで、稜線のシャクナゲが開花しているかもしれません。それでも要害山から眺める山々はまだ白く、新緑とのコントラストが楽しみです。
■標   高   705m
■開 催 日   5/12(日)
■時   間   集 合 9:15
  開山式 9:30
■場   所   JR只見駅前広場
■参考タイム   約3時間

 

《 蒲生岳(がもうだけ) 》
(只見町観光まちづくり協会さんのHPより)
県内出身の登山家「故 田部井淳子氏」が会津のマッターホルンと呼ばれる極端にとがった岩山で、高度感のある岩登りが楽しめます。山開きのコースは久保登山口から夫婦松を経て、分岐を左に西壁まわりで登り、右の鼻毛通しまわりを下ります。当日は、ふるまいのほか、笹巻やおこわ、山菜などの販売があります。
■標   高   828m
■開 催 日   6/2(日)
■時   間   集 合 6:30
  開山式 6:30
■場   所   蒲生集会施設「雪の里」(駐車場)
■参考タイム   約4時間

 

《 会津朝日岳(あいづあさひだけ) 》
(只見町観光まちづくり協会さんのHPより)
尾瀬の北側に広がる山深いエリアにあり、日本200名山に選ばれています。広大なブナ林や険しい山頂稜線など変化に富んだ手ごたえのある山です。山頂直下の小幽沢カッチは例年、急な雪壁が残っていて、基本はピッケルとキックステップで登り、状況によって雪が硬い場合は12本爪アイゼンが安心です。6本爪の軽アイゼンで登るには雪壁の傾斜が強すぎますが、ふだん使い慣れている人に限ります。臨時駐車場は黒谷川沿いの広場に設けます。白沢林道がせまくすれ違いができないため、参加者の皆さま、どうぞご協力をお願いします。*黒谷区、黒谷林野会のご協力の下、臨時駐車場としております。ごみの持ち帰り、マナーを守って頂きますようお願いします。
■標   高   1,624m
■開 催 日   6/9(日)
■時   間   集 合 5:10(黒谷川沿い臨時駐車場)
  開山式 5:45(いわなの里)
■送迎バス  〈 行き 〉臨時駐車場発 5:10、6:00の2回
 〈 帰り 〉いわなの里発 13:00~16:00 バス定員に応じ出発
■場   所   いわなの里
■参考タイム   約4時間

 

《 浅草岳(あさくさだけ) 》
(只見町観光まちづくり協会さんのHPより)
会津と越後の国境にある人気のある山です。只見沢登山口から入叶津登山口へ縦走するロングコースです。田子倉湖や鬼ヶ面の絶景を眺め、花を愛で、山頂から天狗の遊び場と呼ばれる草原を下って、小三本の雪渓を渡り、ブナの森を下ります。
■標   高   1,585m
■開 催 日   6/23(日)
■時   間   集 合 5:30(只見駅前広場)
  開山式 6:00(只見沢登山口)
■送   迎  〈 行き 〉只見沢まで大型バス 5:30~5:45分発
 〈 帰り 〉入叶津登山口から 13:00~16:00 乗合タクシー1人600円(お客様が集まり次第順次出発)
■場   所   只見沢登山口
■参考タイム   約9時間

 

《 只見四名山山開きのお問い合わせ 》

只見町観光まちづくり協会
TEL:0241-82-5250

 

《 南会津のイベント情報 》

南会津で開催されるイベントをご覧いただけます。
南会津イベント情報

 

このページの
トップヘ