スポット

日暮滝(ひぐらしのたき)


Loadingお気に入りに登録お気に入り一覧
日暮滝写真

下郷町観光

高さ40mと15m二段になって流れている滝。その神秘な景観に「日暮れまで眺めていても飽きない」ことからこの名が名付けられたと言われる。大峠から三本槍ヶ岳や、三倉山の登山客を中心に、多くの観光客が訪れる。

住所
〒969-5341 福島県 南会津郡下郷町 野際新田
TEL
0241-69-1144
営業時間

観音沼から山へ進むこと約3kmで『日暮滝(ひぐらしのたき)』に到着します。

観音沼からすぐの野際宿を過ぎると道は狭くなります。舗装はされていますが林道といった感じです(^^;)

この道を進んでいくと、車が7~8台停められそうな広場が出現します。

車を降りるといかにも滝といった水音が聞こえてきて、木々の間から崖の反対側を流れ落ちる日暮滝が見えます。

昔々、会津のお殿様がこの道(松川街道-下郷町大松川~栃木県塩谷郡氏家町)を通った際、

この滝の美しさに見とれ日暮れまで眺めていたことから「日暮滝」という名前になったそうですが、

実際に見てみると十分頷ける素晴らしさ。

実際に見る滝は、写真などで見るよりずっと迫力があります。ぜひその目で見ることをおすすめします。

 

 

 

 

 

このページの
トップヘ