スポット

龍福寺 御蔵入三十三観音 第21番札所(りゅうふくじ)


Loadingお気に入りに登録お気に入り一覧
龍福寺 御蔵入三十三観音 第21番札所写真

南会津町観光

御蔵入三十三観音第21番札所です。 文治5年(1189年)に源義経が奥州平泉へ落ち延びる途中で、この地に人目を避けて投宿しました。建暦2年(1212年)に家臣の一人である渡邉内膳守義政が、糸沢宿の真ん中に開山したとの伝承があります。 寛文5年に当時の住職が日光を参拝した際、中尊寺の上人から夢でのお告げとして、馬頭観音菩薩を手渡されたと伝えられています。 また、戊辰戦争で会津に攻め込む新政府軍が投宿し、その際に残されたとされる「芸州弐番隊」という逆さの文字が、現在も本堂の襖に残っています。 境内には南会津の桜スポットとしても知られる見事な桜があります。

住所
〒967-0014 福島県 南会津郡南会津町 糸沢字居平1880
TEL
0241-62-3000(南会津町観光物産協会)
営業時間

 

龍福寺 御蔵入三十三観音
《 観音堂について 》

■寺  院 龍福寺
■宗  派 真言宗
■住  所 南会津郡南会津町糸沢字居平1880
■本  尊 馬頭観音座像
■文化財
■御詠歌 みての糸みちびき給へ観世音

 大慈大悲の誓ひあらたに

 

 

《 アクセス 》

 

■国道121号を糸沢集落の旧道に入ると、お寺の入口があります。
■10台ほどの駐車スペースがあります。
■20番 -〈5.4km〉- 21番 -〈29.1km〉- 22番
※MAPは、日本遺産に指定された「会津の三十三観音めぐり ~巡礼を通して観た会津の文化~」として、会津地方各地の三十三観音等を表示しています。

御蔵入三十三観音めぐりは紫の番号です。

 

 

《 周辺の様子 》

 

龍福寺 御蔵入三十三観音
正面から

龍福寺 御蔵入三十三観音

龍福寺 御蔵入三十三観音
御詠歌

 

龍福寺 御蔵入三十三観音
隣りにある地蔵堂

龍福寺 御蔵入三十三観音
本堂

龍福寺 御蔵入三十三観音
戊辰戦争の落書き
「芸州弐番隊」の逆さ文字

 

龍福寺 御蔵入三十三観音
お寺の入口

龍福寺 御蔵入三十三観音
南を向いて

龍福寺 御蔵入三十三観音
国道から見える桜

 

 

御蔵入三十三観音 岩戸堂 御蔵入三十三観音 龍福寺 御蔵入三十三観音 塩の原 泉光寺 御蔵入三十三観音

 

 

このページの
トップヘ