スポット

鴇巣 松譽堂 御蔵入三十三観音 第29番札(とうのす まつよどう)


Loadingお気に入りに登録お気に入り一覧
鴇巣 松譽堂 御蔵入三十三観音 第29番札写真

南会津町観光

御蔵入三十三観音第29番札所です。 本尊である准胝観音菩薩は、元禄11年(1698年)に平安城より迎え入れられました。松譽堂を参拝すると、両親の成仏のみならず、子孫が続く限り御利益も続くといわれています。

住所
〒967-0621 福島県 南会津郡南会津町 鴇巣字村中
TEL
0241-62-3000(南会津町観光物産協会)
営業時間

 

鴇巣松譽堂 御蔵入三十三観音《 観音堂について 》

■寺  院 鴇巣 松譽堂
■宗  派
■住  所 南会津町鴇巣字村中
■本  尊 准胝(じゅんてい)観音座像
■文化財
■御詠歌 ときわなる松よの堂の笠松は

 たえぬ御法のしるしなりけり

 

 

《 アクセス 》

 

■国道289号から伊南川を渡り、川向うの県道351号へ。
■鴇巣地区で集落内に入り、県道の1本山側の道に入口があります。
■駐車スペースはありませんので、周辺の迷惑にならないように駐車してください。
■28番 -〈2.9km〉- 29番 -〈3.2km〉- 30番
※MAPは、日本遺産に指定された「会津の三十三観音めぐり ~巡礼を通して観た会津の文化~」として、会津地方各地の三十三観音等を表示しています。

御蔵入三十三観音めぐりは紫の番号です。

 

 

《 周辺の様子 》

 

鴇巣松譽堂 御蔵入三十三観音
正面から

鴇巣松譽堂 御蔵入三十三観音
仏像の案内板

鴇巣松譽堂 御蔵入三十三観音
観音堂の案内板

 

鴇巣松譽堂 御蔵入三十三観音

鴇巣松譽堂 御蔵入三十三観音

鴇巣松譽堂 御蔵入三十三観音
路地を入ったところにある案内板

 

鴇巣松譽堂 御蔵入三十三観音
路地を入ると案内板があります

鴇巣松譽堂 御蔵入三十三観音
鴇巣集落内、只見方面を見て

鴇巣松譽堂 御蔵入三十三観音
鴇巣集落内、南郷方面を見て

 

 

御蔵入三十三観音 山口山崎堂 御蔵入三十三観音 鴇巣松譽堂 御蔵入三十三観音 小野島岩戸堂 御蔵入三十三観音

 

 

このページの
トップヘ