スポット

只見町ブナセンター ただみ・ブナと川のミュージアム(ただみまちぶなせんたー ただみぶなとかわのみゅーじあむ)


Loadingお気に入りに登録お気に入り一覧
只見町ブナセンター ただみ・ブナと川のミュージアム写真

只見町観光

只見町が「ユネスコエコパーク(生物圏保存地域)」に登録されたのは2014年。世界遺産が貴重で価値のある自然地域を保護・保全するのが目的であるのに対し、ユネスコエコパークは「生態系の保全と持続可能な利活用の調和」を目的とし、保護・保全だけでなく " 自然と人間社会の共生 " に重点が置かれているのが大きな特徴です。人が生きていくのに欠かせない自然の恵みを受けながら、自然やそこに住む動物と上手に付き合っていくモデルといえるのがユネスコエコパークです。
この豊かな自然環境の保全・調査・研究・展示・研修などの活動を行っているのが「只見町ブナセンター」で、様々なテーマで講座や自然観察会を行うのもその活動の一つです。
また、併設されている「只見ブナと川のミュージアム」では、只見町のブナと自然をテーマにした常設展示(パノラマシアター)や、映像の上映、只見町に生息する動植物の標本を展示しています。そのほか、年に4回の企画展を2階ホールで行っています。

住所
〒968-0421 福島県 南会津郡只見町 只見字町下2590
TEL
0241-72-8355
FAX
0241-72-8356
営業時間
9:00~17:00 ※最終入館16:00まで
火曜定休(祝日の場合は翌平日)
年末年始休業
関連サイト
http://www.tadami-buna.jp/

※2020年6月1日(月)より営業を再開しています。

 

只見町ブナセンター

只見町に広がるブナの原生林は、世界遺産となっている白神山地を凌ぐ規模と豊かさをもった森としてその豊かさを体感できるトレッキングの案内はもとより、森を守る活動も町ぐるみで行われています。

ブナと川のミュージアムは、只見のブナの森を巨大なジオラマで紹介するとともに、そこで行われている生命の循環の様子(水のはたらきや四季のうつろいによって落葉が木々の栄養になる過程など)をわかりやすい展示で紹介しています。トレッキングができる【恵みの森】【癒しの森】の案内も行っています。

 

 

《 入館料 》

大人300円、 小人200円、 未就学児無料

※20名以上団体割引あり

 

 

《 常設展示 》

 

ZONE1:「ブナの森へようこそ」 ブナの巨木がお出迎え

ZONE2:「自然首都・只見「ただみ・自然紀行」 ブナの森の四季をハイビジョン映像で

ZONE3:「只見・ブナの森の物語」 ブナの巨木、 鳥や植物など只見の自然を再現。昆虫の標本なども展示。

ZONE4:「川が育てた知恵」 かつての只見川・伊南川と人とのかかわりを展示

ZONE5:「川と生活の変貌」 只見川の電源開発と人々の生活が変容した模様を説明

ZONE6:「ギャラリー」 「只見ブナ百景」。ブナ林の写真を多数展示

 

只見町ブナセンター 只見町ブナセンター

 

只見町ブナセンター 只見町ブナセンター 只見町ブナセンター

 

 

《 只見のブナ林のここがすごい! 》

 

①原生的である(人の影響が少ないブナ林が多い)

②幹周りが太い(巨木が多い)

③樹高が高い(背の高い木が多い)

④巨木の密度が高い(急峻な山々に囲まれている所が多く、風害が少ない)

⑤面積が広い(約40,000haのブナの林が広がる)

 

只見町のブナ林は、学術調査において極めて貴重な世界の財産であると評されています。「世界ブナ・サミット」の開催を機に国内外へ情報発信を行い、センターで只見町のブナ林を将来にわたって保全し活用していくために、町公認のガイド・インストラクターの養成やガイドライン制定するなど、ブナを核とした地域作りを目指しています。

 

豊かな自然を守り、その恵みを将来の世代に引き継ぎ、自然と人間の調和した関係を築きあげる。ぜひこの施設で自然との調和を体感してみては。

 

 

《 カフェ & 図書室 》

 

無料の休憩室として開放しています。お茶やコーヒーをセルフサービスで利用できます。本棚の図鑑や資料、ブナや只見町に関する書籍が閲覧できます。

只見町ブナセンター 只見町ブナセンター 只見町ブナセンター

 

 

《 パンフレット 》

 

只見町ブナセンター
ただみ・ブナと川のミュージアム
画像クリック(PDF 2.45MB)
只見町ブナセンター
ブナ林トレッキングのしおり
画像クリック(PDF 3.45MB)

 

 

《 只見町の紹介動画 》

 

 

 

このページの
トップヘ