南会津の観光スポット、イベント、ホテル・旅館などの情報をサポート!南会津を旅行する魅力をリアルタイムでお届けする観光案内サイト

文字サイズ
twitter facebook Youtube
  • TOPページ
  • 特集
  • 観光名所
  • グルメ
  • 温泉
  • 宿泊
  • 体験
  • 動画

スポット検索 ジャンルを指定

グルメ

温泉

体験

観光名所

宿泊

指定なし

スポット検索 町村を指定

全地域

下郷町

南会津町

只見町

檜枝岐村

スポット検索 キーワードを指定

 

 

南会津の旬の特産品をご紹介しています。物産館で人気の旬の野菜や果物、定番の特産品など、お立ち寄りの際はぜひお土産にどうぞ。

 

随時、更新中です。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

下郷町物産館

 

 

下郷町の景勝地「塔のへつり」にほど近い国道121号沿いにある「まちの駅 下郷町物産館」。  下郷特産のじゅうねんを使ったドレッシングなど加工品や会津地鶏の販売のほか、 白身魚のマスを使った「マスバーガー」や金子牧場のジャーシー牛ソフトクリームなどご当地食も豊富です。

 

 

  

 

お土産の人気ナンバーワンは地元の戸赤地区の特産品の花豆を使用した、「花豆パイ」です。手焼きのパイ生地の中には花豆が粒ごと入っていて、餡の中にも花豆が練りこまれている上品な甘さです。 生産数が限られていて、人気商品なので品切れになってしまっている場合もあります。 イチオシ商品は、金子牧場のプレーンヨーグルト。福島県主催の県産農林水産物の6次化商品を対象にした「ふくしまおいしい大賞」を受賞しました。自家牧場で生産される新鮮なジャージー牛に、こだわりの乳酸菌を加えてじっくりと発酵させたコクのある味です。

 

 

■ 住所

福島県 南会津郡下郷町 大字弥五島字道上3177番地

■ 電話

0241-67-4433

■ 営業期間

年中(元日のみ休業)

■ 営業時間

売店9:00~17:00

食事10:00~15:00

■ その他

下郷のおいしい蕎麦が味わえる食事処もあ

 

 


きらら289

 

 

道の駅きらら289は南会津町にある道の駅で、お食事処、日帰り温泉施設も併設されています。毎朝、当日に提供する蕎麦を地元の蕎麦打ち名人が打っています。ご当地スイーツは、南郷トマト果汁を使用したソフトクリーム、7月中旬~10月末までは美味しい桃太郎トマト入りのトマトラーメンを提供していますので、ぜひご賞味ください。

 

 

 

 

おすすめの商品は、ずらりと並んだトマトの加工品コーナー。南会津の特産品「南郷トマト」は、みずみずしい果肉とさわやかな甘さで全国的に知られた美味しさです。その中でも、知る人ぞ知る逸品の秋に収穫された「秋トマト」のみを使用した南郷トマトジュースもあります。 

トマトピューレやトマトジャム、トマトドレッシングの他に、トマトにんにく、トマトなめ茸など珍しい加工品もあります。

 

5~6月 「ヒメサユリ」「シラネアオイ」の苗を販売中。南会津の美しい花を自宅でも咲かせてください。

 

 

■ 住所

南会津郡南会津町山口字橋尻1

■ 電話

0241-71-1289

■ 営業時間

平日 9:00~20:00

(火曜日 9:00~17:00)

土日祝祭日 10:00~21:00

■ その他


 

 


まちの駅 ふるさと物産館

 

 

 

「まちの駅 ふるさと物産館」では、南会津の農産物を豊富に取り揃えています。来てくれた方に楽しんでもらえるよう、美味しい食べ方を紹介したり、イベントを実施したりしています。

 

 

  

 

 5~6月のおすすめの商品は、のアスパラ。太くて甘みと旨みがギュッと詰まっているのが特徴で、全国でも珍しい緑・紫・白の3色のアスパラが購入できます。東京の高級料亭に出荷されていたり、収穫と同時に出荷先が決まっているほどの人気商品です。

年間の人気商品は、南郷トマトジュース。トマトジュースが苦手な方も虜になってしまうような、独自の甘さが特徴です。(無塩)20缶入・30缶入

 

 

 

9月 ハロウィンに向けて沢山のかぼちゃが入荷しました。そして、南郷トマト秋味は、甘くて評判の南郷トマトですが、秋味はさらに甘いという貴重な逸品です。

  

■ 住所

南会津郡南会津町田島字宮本東41-1

■ 電話

0241-63-3055

■ 営業時間

8:00~17:00

(冬季 9:00~16:30、

12月~3月のみ毎週水曜日定休)

■ その他

毎週イベントを開催

 

 


只見町観光まちづくり協会

 

 

只見駅構内にあるインフォメーションセンターでは、観光案内や宿泊施設の紹介、特産品・只見線グッズの販売の他、レンタサイクル(冬期間以外)を行っています。

 

  

 

着色料・保存料・化学調味料無添加の厳しい基準をクリアした只見町の「只者じゃない」ブランドを販売しています。デザインにも優しさを感じられるパッケージです。只見線グッズは、絵葉書やTシャツ、六角精児バンドの「只見線のうた」CD、金太郎飴などもあります。

只見線は2011年の豪雨災害による一部運休でしたが全線復旧が決定しました。

 

■ 住所 南会津郡只見町只見字上ノ原1828

■ 電話 0241-82-5250

■ 営業時間 8:30~18:00(元旦休み)

 


げんき村(只見農産加工企業組合)

 

無農薬・無添加で種から愛情たっぷりかけて育てた実だけを使用した

じゅうねん(エゴマ)油の加工販売をしています。

 

 

 

「じゅうねん」はアンチエイジング効果が高く、高い栄養価で注目されています。

「今でしょう!」で有名な林修先生も只見の「じゅうねん油」の良質さには太鼓判を押すほどです。

福島県おみやげコンクール認定、会津ブランド史・季・彩・再地域ブランド認定をもらった優良商品です。

 

 

 

 


このページのトップへ