南会津の観光スポット、イベント、ホテル・旅館などの情報をサポート!南会津を旅行する魅力をリアルタイムでお届けする観光案内サイト

文字サイズ
twitter facebook Youtube
  • TOPページ
  • 特集
  • 観光名所
  • グルメ
  • 温泉
  • 宿泊
  • 体験
  • 動画

スポット検索 ジャンルを指定

グルメ

温泉

体験

観光名所

宿泊

指定なし

スポット検索 町村を指定

全地域

下郷町

南会津町

只見町

檜枝岐村

スポット検索 キーワードを指定

 

春夏秋冬、季節ごとに違う美しさを見せてくれる南会津。

 

素敵な人、おもしろい人、優しい人がたくさんいる南会津。

 

伝統の祭り、季節の花々、ウォーキング、ローカル線の旅など、

 

南会津はイベントが盛んです!

 

南会津4町村(下郷町・南会津町・只見町・檜枝岐村)それぞれに

 

工夫をこらした楽しいイベントにぜひお越しください。

 

 

 

2017年7月
2017年6月
2017年5月

 

《 大嵐山(おおあれやま)・湯ノ倉山 山開き 》
■開催日時 2017年5月28日(日)
■集  合 湯ノ花温泉 交流センター
    7:00集合
    往復約5時間
■お問い合わせ 南会津町観光物産協会 舘岩観光センター
    ☎ 0241-64-5677

前半は、滝沢のせせらぎを聞きながら登り、「アズマシャクナゲ」や「イワウチワ」が咲く尾根に達すれば山頂までもう一息。左手に那須連邦、たかつえスキー場を眺め、右手には、まだ雪に覆われた「会津駒ケ岳」や「燧ケ岳」を見ながら山頂を目指します。下山後は湯ノ花温泉のみなさんが作ってくれる郷土料理を楽しむことができます。記念品は先着290名様です。


 

 

《 鉄道保全歴25年のプロに教わる 枕木交換体験 》
■開催日時 2017年5月27日(土)
    10:00~15:00
■開催場所 会津田島駅構内
■お問い合わせ 駅すぱモールHP
    最少催行人員2人

線路に係る仕事「枕木交換」を鉄道保全歴25年のプロに教えてもらいながら体験できます。日常生活では目にすることがないタイタンパー、ガンヅメ、ビーダー、犬くぎハンマーなど専門の工具も使えて本格的です。ガテン系体験をぜひ。

2013年の様子


 

 

PDF 1.9MB

《 列車でGO!運転体験ができるHappy Train 》
■開催日時 2017年5月27日(土)
    10:00~15:00
■開催場所 会津田島駅構内
■お問い合わせ 駅すぱモールHP
    最少催行人員2人

自転車と同じくらいの速さなのに、大きな車両を動かす体感速度は倍以上。大人も手に汗握るドキドキわくわくの体験です。AT-500形、AT-600形、AT-700形のどれを運転できるかは当日のお楽しみ。運転士として2往復、車掌として2往復できます。

 


 

《 尾白山(おじらやま) 山開き 》
■開催日時 2017年5月27日(土)
■集  合 湯ノ花温泉 交流センター
    7:00集合
    往復約5時間
■お問い合わせ 南会津町観光物産協会 舘岩観光センター
    ☎ 0241-64-5677

前半は、滝沢のせせらぎを聞きながら登り、「アズマシャクナゲ」や「イワウチワ」が咲く尾根に達すれば山頂までもう一息。左手に那須連邦、たかつえスキー場を眺め、右手には、まだ雪に覆われた「会津駒ケ岳」や「燧ケ岳」を見ながら山頂を目指します。下山後は湯ノ花温泉のみなさんが作ってくれる郷土料理を楽しむことができます。記念品は先着290名様です。


 

 

《 SL只見線新緑号 会津若松⇔会津川口 》
■運 行 日 2017年5月20日(土)・21日(日)
■運行時刻 会津若松駅 9:09発→会津川口駅 11:46着
   

会津川口駅 14:04発→会津若松駅 16:40着

■お問い合わせ JR東日本お問い合わせセンター
    ☎ 050-2016-1600

鉄道マニアならずとも、その力強さ、格好よさ、懐かしさ、音に魅かれてしまうのがSLですよね。青葉がまぶしい5月に「SL只見線新緑号」が会津若松駅と会津川口駅間走ります。只見川と新緑の山々が織りなす美しい景色を、SLの汽笛を聞きながら楽しんでください。

2014年(紅葉号)の様子


 

 

PDF 0.85MB

《 日光東照宮春期大祭ウォーク 》
■開 催 日 2017年5月18日(土)
■集  合 西若松駅 7:30
■行  程 西若松駅7:59→東武日光駅11:00→ウォークスタート
    →日光東照宮(大祭見学)→東武日光駅16:33
    →西若松駅着19:43
■お問い合わせ 会津鉄道
    ☎ 0242-28-5886

会津鉄道に乗りウォーキングのスタート地点まで移動。ウォーキング終了後は再び列車で西若松駅へ。ローカル線の列車旅とウォーキングの両方を満喫できる会津鉄道のウォーキングイベントシリーズです。

改修が終わり公開された陽明門や、日光東照宮春季大祭「百物揃 千人武者行列」を見学します。

 


 

PDF 2.6MB

《 只見四名山 要害山(ようがいさん) 山開き 》
■開催日時 2017年5月14日(日)
■集  合 JR只見駅前広場
    9:15集合
    往復約3時間
■お問い合わせ 只見町観光まちづくり協会
    ☎ 0241-82-5250

JR只見駅の裏にある標高705mの低山ですが、四方の展望がよく、奥会津の残雪の山々を見渡すことができます。山頂のブナ林は新緑の季節にシャクナゲ、イワウチワ、ユキツバキなど植生が豊か。戦国時代に水久保城という山城が築かれた歴史の山でもあります。


 

 

《 愛宕神祭礼奉納歌舞伎 》
■開催日時 2017年5月12日(金)
     
■開催場所

檜枝岐の舞台(屋外)

■お問い合わせ 尾瀬檜枝岐温泉観光協会
    ☎ 0241-75-2432

江戸の時代より親から子、子から孫へと270余年に渡り伝承されて連綿と続き、春と秋の祭りに奉納歌舞伎として檜枝岐の村人を楽しませてきました。上演される舞台は鎮守神の境内に有り、国の重要有形民俗文化財に指定されています。観客席は露天で、神社への坂がそのまま自然の観覧席になっており、夕方より上演されます。


 

 

《 長卸山(ながおろしやま) 山開き 》
■開催日時 2017年5月7日(日)
■集  合 木賊温泉 広瀬の湯前
    8:00集合
    往復約3時間
■お問い合わせ 南会津町観光物産協会 舘岩観光センター
    ☎ 0241-64-5677

山頂近くの急な登山道はロープを使って下さい。下りは、尾根伝いに「縁結びの神様。熊野神社へ下ります。尾根道には、白い香水の原料にもなる「タムシバ」や「イワウチワ」「ツツジ」が、ちょうど見頃を迎え、甘い香りが漂います。熊野神社からは、西根川沿いに「歓満の滝」などに立ち寄りながら集合場所の「広瀬の湯」前に戻ります。下山後は、木賊集落の方々による郷土料理の振る舞いがあります。記念品は先着240名様です。

 


 

《 風っこ只見線新緑号 会津若松⇔会津川口 》
■運 行 日 2017年5月4日(木祝)・5日(金祝)・6日(土)
■運行時刻 会津若松駅 10:15発→会津川口駅 12:28着
   

会津川口駅 13:56発→会津若松駅 16:15着

■お問い合わせ JR東日本お問い合わせセンター
    ☎ 050-2016-1600

奥会津の山々には新緑が芽吹き始め、風っこの大きな窓から、只見川沿いの美しい景色がのんびり流れて行きます。春遅き奥会津を列車旅で楽しんでください。

2015年(紅葉号)の様子


 

 

PDF 2.2MB

《 只見町ブナセンター 春の自然観察会 春のブナ林を歩く 》
■開 催 日 2017年5月4日(木祝)
■集  合 癒しの森駐車場 9:30
   

10:00~14:00 観察会

■お問い合わせ 只見町ブナセンター
    ☎ 0241-72-8355

積雪が3mを超えることもある豪雪地帯の只見では、本格的な春の訪れは4月後半から。雪深い地方の里山とブナの林に訪れる春を見つけに、ぜひご参加ください。只見の自然を代表する広大なブナ林。布沢地区の癒しの森を散策します。


 

 

PDF 2.2MB

《 只見町ブナセンター 春の自然観察会 春植物の花園を歩く 》
■開 催 日 2017年5月3日(水祝)
■集  合 只見町ブナセンター 12:00
   

12:30~15:00 観察会

■お問い合わせ 只見町ブナセンター
    ☎ 0241-72-8355

積雪が3mを超えることもある豪雪地帯の只見では、本格的な春の訪れは4月後半から。雪深い地方の里山とブナの林に訪れる春を見つけに、ぜひご参加ください。只見町朝日地区の黒谷川沿いを散策しながら、春の草花を観察します。

 


2017年4月

 

《 戸赤の山桜まつり 》
■開催日時 2017年4月下旬
    10:00~15:00頃
■開催場所 下郷町戸赤地区
■お問い合わせ 戸赤村づくり実行委員会
    ☎ 0241-67-2933

春の楽しみとして美しいオオヤマザクラなどを「留め木」として、明治時代から100年以上も大切に守り続けてきました。「留め木」とは、林業で生計を立てていた住民たちが自分たちの生活を守るため、個人が勝手に伐採することを禁止して定めた木のこと。集落のみなさんによる温かいおもてなしがありますので、のどかな山里の春を探しにお出かけください。

2013年の様子


 

 

PDF 0.34MB

《 かたくりの里 桑取火かたくり祭り 》
■開催日時 2017年4月29日(土祝)~4月30日(日)
    10:00頃~15:00頃
■開催場所 下郷町桑取火(くわとび)地区
■お問い合わせ 桑取火かたくり祭り実行委員会
    ☎ 0241-67-4426

春の妖精(スプリング・エフェメラル)と呼ばれる紫色の小さな花かたくり。下郷町桑取火(くわとび)地区には、かたくりの群生地が11ヶ所あり、雪解けや日当たりによって2週間ほど花を楽しむことができます。先着ですが振る舞いもありますので、山里の小さな春を見にお出かけください。

2013年の様子


 

 

PDF 1.9MB

《 南山の桜と歴史めぐりウォーク2017 》
■開 催 日 2017年4月23日(日)
■集  合 南会津ふるさと物産館(南会津町田島地区)
    受付 9:00~ 、 スタート 10:15
■お問い合わせ 南会津町桜ウォーク実行委員会
    (南会津町観光物産協会内)
    ☎ 0241-62-3000

江戸時代は幕府直轄領「南山御蔵入領」として栄えた歴史が色濃く残る南会津。南会津町田島地区の街なかと、大川の堤に咲く桜を眺めながら、ウォーキングを楽しむことができます。

体力に合わせて4km・6km・11km・16kmの4コースから選ぶことができますので、南会津の春をご自身のペースでのんびり満喫してください。

2013年の様子 、 2016年の様子

 


 

詳細はブログにて

《 只見線復興祈念写真展 》
■開 催 日 2017年4月22日(土)~5月31日(水)
    10:30~16:00 ※木曜定休
■開催場所 会津ジイゴ坂学舎(下郷町)
    下郷町落合字ジイゴ坂1604-1
■お問い合わせ 会津ジイゴ坂学舎
    ☎ 0241-67-4426

不通区間が続いていたJR只見線ですが、鉄路での復旧が決まりました。課題は残りますが、復旧が決まったからにはあの手この手で只見線を応援しなくては!

見線を応援し続ける写真家集団「写好景嶺(しゃすけね)」のみなさんの写真展が開催されます。奥会津の郷土写真家「星 賢孝」さんをはじめとするみなさんの、素敵な美しい只見線の写真を見に、ぜひお出かけください。

※詳細はブログにて

※4/29(土)~6/30(水)の期間には、三島町交流センター山びこでも開催されます。


 

 

PDF 0.53MB

《 中小屋福寿草(こがね)まつり 》
■開催日時 2017年4月9日(日)
    10:00~14:00
■開催場所 南会津町南郷 中小屋地区
■お問い合わせ 南会津町振興公社南郷支局
    ☎ 0241-72-2220

山口温泉道の駅きらら289の少し手前の集落「中小屋(なかごや)集落」には、春になるといっせいに黄色い花を咲かせる福寿草の群生地があります。中小屋のみなさんは福寿草のことを「こがね」と呼ぶことから、4月上旬に開催される福寿草まつりは「こがねまつり」と読みます。大切にしてきた春の訪れを告げる使者「福寿草」の群生地で、雪深い南会津の春を感じてください。

※詳細はブログにて

2014年の様子 、 2015年の様子


 

 

PDF 5.8MB

《 只見町ブナセンター企画展 雪地帯に生きる日本海要素植物 》
■開 催 日 2017年4月1日(土)~7月17日(月祝) ※月曜休館
    9:00~17:00 ※最終受付16:00
■開催場所 ただみ・ブナと川のミュージアム(ブナセンター併設)
    只見町大字只見字町下2590
■お問い合わせ 只見町ブナセンター
    ☎ 0241-72-8355

只見町の自然環境の最も大きな特徴は多雪であること。日本海型の気候に地形的な条件があいまって、冬季には非常に多くの量の雪が降り、只見町は世界的にみても有数の多雪地帯の1つです。この企画展では、多雪環境の中でたくましく生きる日本海要素植物を紹介します。

※詳細はブログにて


 


このページのトップへ