南会津の観光スポット、イベント、ホテル・旅館などの情報をサポート!南会津を旅行する魅力をリアルタイムでお届けする観光案内サイト

English   한국어   中文简体   中文繁體    
 

■ジャンルを指定

グルメ
温泉
体験
観光名所
宿泊
指定なし

■町村名を指定

全地域
下郷町
南会津町
只見町
檜枝岐村

■キーワードを指定

前沢集落(まえざわしゅうらく)

16世紀の終盤に横田城主・山内氏勝の家臣、小勝入道沢西という人が移り住んだことから始まった集落。曲家のほか復元された水車小屋や民俗を伝える曲家資料館があります。

住所

〒967-0306
福島県 南会津郡南会津町 前沢

TEL

0241-78-2546

営業時間

8:30~17:00

業種

歴史・文化自然・景観

オプション

多目的トイレ駐車場  

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 前沢曲家集落のはじまりは、文禄年間(1592年~1595年)に、只見川流域を拝領した横田城主・山内氏勝の家臣である小勝入道沢西という人が、主人・氏勝が滅んだのちに当地に移り住んだとされ、「中世に会津武士が拓いた集落」として地元の人々に言い伝えられています。

 集落は、はじめは舘岩川近くにあったといわれ、集落の前に沢(川)が流れていたことから「前沢」と呼ばれるようになりました。その後、現在の位置に移動したようです。

 明治40年(1907年)に、この前沢集落が全戸消失するという大火に遭い、その後、同一の大工集団によって一時期に各戸を建築したことによって、統一的な景観が生まれました。

 そして平成23年(2011年)6月、この統一的景観保護のため、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されました。

 

 

   

 曲家(まがりや)とは、その文字の通り、L字に曲がった住まいのことです。手前の突出部には、生活(農耕や運搬)に欠かせない大切な牛や馬を、そして奥の建物は人の生活空間として、牛・馬と人とが同じ家の中に暮らしていました。

 農業の機械化とともに牛・馬は人々の生活から離れていきましたが、集落23戸のうち半数ちかくが曲家を維持して生活しています。(L字型の曲家ではない作りを直家(じかや)と呼びます。)

 

 

■曲家資料館(8:30~17:00 入館無料) 

 曲家資料館は、実際の曲家を利用しており、中に入って昔の農家の暮らしぶりを体感できる施設です。

 民具の展示、いろりを囲んだ内部の空間、大黒柱や梁の大きさなど、豪雪地であるこの地域で百年来の風雪に耐え、時代の流れに対応してきた暮らしの知恵をさぐることができます。

 夏期はガイドの方が常駐して住まいの説明当時の暮らしの様子などを語ってくれます。

 曲家資料館の情報はこちらからもご覧ください。

 

   

 

■前沢ふるさと公園

 国道352号線と前沢集落のあいだを流れる館岩川沿いには花しょうぶ園が広がっており、この辺り一帯が前沢ふるさと公園です。

 園内には「水車小屋」」と「バッタリ小屋」があります。集落から流れてくる水を引いて動かす水車、そしてさらにその水で動く「バッタリ」の音が集落へ響きます。

 「バッタリ」とは、ししおどしのように水を貯め、いっぱいになったときの反動で杵をうごかし、粟やひえなどをつく器具。昭和三十年代頃までの農村でよく見られた風景と音は郷愁を呼び起こし、「うつくしまの音三十選」にも指定されています。

 

    

 

前沢集落 散策マップ(南会津町観光物産協会舘岩センター

 

 

■そば処 曲家  (詳しい店舗情報はコチラです)

前沢曲家集落のある南会津町舘岩地区は、そばの名産地として知られる南会津全域の中でもとりわけそばの栽培に適した気候であると言われています。そんな舘岩産のそば粉を使った手打ちそばが味わえるのがここ。
(11月下旬~4月上旬は冬期休業)

  

 

■前沢曲家集落

前沢曲家集落についての紹介動画です。

 

 

■前沢曲家集落の冬

山あいの前沢集落は、冬には数メートルの積雪があります。2011年度の冬に撮影した前沢の様子を動画でご覧ください。

 

 

■前沢曲家集落についての過去のブログ記事

【南会津の旅】なぜ懐かしさを感じるんだろう??前沢曲家集落

【南会津の旅】11/5(土)~6(日)1泊2日「プチ農業体験付き 古民家・温泉好きの旅」

 

 

  

(左)集落入口にある案内所です。ここから入場料を納め、パンフレットをもらって散策開始です。

(中央)前沢集落の歴史や現在の情報。集落一帯の大火事から復興し、その当時の家を維持して住み続けることは

 古き良きものを伝える大きな役割として大切ですが、維持することの努力や苦労も少なからずあります。

 明治の頃から続けてきた暮らしに思いをはせて、ゆっくりと村内をご覧ください。

 

 


前沢曲家集落は、現在も地元の人々が実際に生活している場所です。敷地内・住まいの中に入ることはできませんマナーを守って静かに見学をお願いします。

 

■散策

・4月下旬~11月上旬
 

・入場料 大人300円、子ども150円
・8:30~17:00
※冬期も集落内の見学は可能ですが、ガイドなどは対応しておりません。
 

・公衆トイレ…あり
 

・売店…なし
 

・飲食店…集落入口の「そば処曲家」のみ
 

 

■交通機関

・列車利用

 会津鉄道「会津田島」駅より檜枝岐行きバスで約85分、「前沢向」停留所下車、徒歩1分

 もしくは会津鉄道「会津高原尾瀬口駅」より同バスで約40分、「前沢向」停留所下車

・車利用:

 日光方面から…国道121号線→国道352号線で檜枝岐方面へ左折してから直進約30分

 会津若松方面から…国道118号線→国道121号線→国道352号線経由で合計約2時間

・高速道路利用

 東京方面から…西那須野塩原I.C.より国道400号、121号線経由、国道352号線へ左折後約30分

 会津若松方面から…会津若松I.C.より国道49、118、121、352号線経由で合計約2時間

 

 

■前沢曲家集落の情報収集

・南会津町観光物産協会舘岩観光センター

・みなみやま観光株式会社

 

口コミ新着
16.07.30
道路歩くだけで入場料金発生

15.09.17
(no title)

15.08.20
(no title)

15.07.03
このままで