南会津の観光スポット、イベント、ホテル・旅館などの情報をサポート!南会津を旅行する魅力をリアルタイムでお届けする観光案内サイト

文字サイズ
twitter facebook Youtube

スポット検索 ジャンルを指定

グルメ

温泉

体験

観光名所

宿泊

指定なし

スポット検索 町村を指定

全地域

下郷町

南会津町

只見町

檜枝岐村

スポット検索 キーワードを指定

駒止湿原 (こまどしつげん)

昭和45年12月国天然記念物指定された高層湿原。高山植物が自生している。沼周辺には散策用の木道(往復約2時間)が完備されています。4月下旬のミズバショウに始まり、コバイケイソウ、ワタスゲ、ニッコウキスゲ、ハクサンシャクナゲなど、春から秋にかけて様々な花が咲き、訪れる人々の心を魅了します。

住所

〒967-0026
福島県 南会津郡南会津町 針生

TEL

0241-62-3000

営業時間

【山開き】5月下旬―11月下旬。それ以外の期間は閉鎖しております。

ホームページ

http://www.kanko-aizu.com/miru/seasons/77/

業種

自然・景観

オプション

 

※平成27年9月の豪雨災害により入山禁止となっておりました。平成29年より、従来入口の反対側「南郷口」から期間限定にてガイド付きプレミアムシャトルツアーを運行します。


■運行期間 

 平成29年6月3日(土)~10月29日(日)期間の土・日・祝日限定ツアー

 

■料金

 大人小人同額 2,500円(ガイド付き 3時間散策コース)

 

■当日人員各日 20名、最小催行人数8名

 

■事前予約制 みやみやま観光 0120-915-221

 

 

 

 


駒止湿原は四季折々の植物が楽しめます。


  

 

秋になるとヌマガヤが草紅葉(くさもみじ)となり、10月初旬頃から見ごろです。
 
 
 

 

 

 

2013年6月の駒止湿原の様子です。

2013/06/17 【南会津の旅】駒止湿原のワタスゲが見頃です♪

 

 

左からコバイケイソウ、レンゲツツジ、ワタスゲ。どれも今が見頃です。
特にコバイケイソウは4~5年にしか1度に咲かない花。

 

ちなみに、2013年6月13日現在の情報は下記の通りです。

(駒止湿原 自然観察指導員 五十嵐さん、樋口さんからの情報)

ウワミズザクラ⇒終わりに近い
ワタスゲ⇒咲いています
チゴユリ⇒咲いています
コバイケイソウ⇒4~5年に一度しか咲かないが、今が最高
ウラジロヨウラク⇒咲き始め(夏の花)
ズミ⇒満開
サワフタギ⇒咲き始め(30%程度)
イソノギ⇒咲いています
アオダモ⇒咲いています
タテヤマリンドウ⇒終わりかけ
 

 

これから秋にかけて様々な草花を楽しめます。下記は、駒止湿原で見られる植物や風景(駒止湿原の入口にある看板です)。1時間でひとまわりできる「大谷地」2時間あれば大谷地と「白樺谷地」3時間かければ、「水無谷地」まですべての湿原をぐるりとひとまわりできます。それぞれに特徴のある湿原で、メインで見られる植物が異なりますが、大谷地の1時間だけでも南会津の自然をめいっぱい堪能できますよ。南会津観光で2時間フリーの時間ができたら、ぜひ駒止湿原に行ってみてください♪

 

 

 

 

 

口コミ新着
15.09.17
(no title)

15.09.07
(no title)

15.05.28
また来たい

このページのトップへ