南会津の観光スポット、イベント、ホテル・旅館などの情報をサポート!南会津を旅行する魅力をリアルタイムでお届けする観光案内サイト

文字サイズ
twitter facebook Youtube

スポット検索 ジャンルを指定

グルメ

温泉

体験

観光名所

宿泊

指定なし

スポット検索 町村を指定

全地域

下郷町

南会津町

只見町

檜枝岐村

スポット検索 キーワードを指定

鴫山城跡 (しぎやまじょうあと)

険しい自然の地形を利用した鴫山城。直江兼続の弟・大国但馬守実頼が城代をつとめた城跡である。城跡から町並みが一望できる風景は一見の価値がある。

住所

〒967-0004
福島県 南会津郡南会津町 田島字根小屋、字愛宕山地内

TEL

0241-62-3000

営業時間

8:30〜17:00

ホームページ

http://www.gunyakusho.ecnet.jp/7408.html

業種

歴史・文化

オプション

駐車場ホームページ 

《 オプション 》
■入場料金 無料
■駐 車 場 あり
■お問合せ

南会津町観光物産協会

TEL:0241-62-3000

 

 

 

 

 

 

 

 

《 鴫山城の歴史 》

 

鴫山城は、南会津町田島地区にそびえる愛宕山の山頂部の急斜面や、山麓部の緩斜面、尾根、谷間等に土塁や門、堀等が構築された、自然の地形を利用し築かれた山城です。鴫山城の築城年代ははっきりとしていませんが、室町時代の長禄3年(1459年)に山内越中と白川氏が「南山しき山の城」を攻め落としたことが記録として残っているので、少し前の南北朝時代には存在していたとされています。

 

鴫山城一帯は長沼氏が支配していたため、鴫山城を築城したものも長沼氏と推定されます。天正17年(1589年)の摺足原の戦いで芦名氏が滅亡すると、鴫山城主長沼盛秀は伊達政宗に臣従し、伊達勢力ととも河原田盛次が守る久川城を攻撃しています。

 

長沼氏は天正18年(1590年)、豊臣秀吉による奥州位置によって伊達氏に従い鴫山城を去ります。長沼氏が去った鴫山城には、蒲生氏郷家臣小倉作左衛門が6千3百石で城代となり入城しました。慶長3年(1598年)には上杉景勝の会津移封に伴い、上杉家執政直江兼続の実弟・大国実頼が2万1千石で城代となりました。

 

その後、徳川三代将軍家光の時、寛永4年(1627年)に元和の一国一城令により廃城となりました。

 

 

《 鴫山城のパンフレット等 》

 

現在は、堀や土塁、石垣の一部が残されていて、保存状態が良いことから福島県の史跡に指定されています。入口から愛宕神社(2015年に落雷で焼失)が祀られている山頂までは30分ほどです。

鴫山城のパンフレット(画像クリック PDF A3両面 1.5MB)

 

鴫山城の想像図と案内パンフレット。

(画像クリック PDF 1.0MB)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《 鴫山城跡の様子 》

 

㊧入口の鳥居、㊥侍屋敷跡、㊨大手門跡

 

大手門から見て左側が水堀、右側が空堀。

 

㊧大手門奥には斜度がある広大な郭が広がっていますが、当時の建物の様子はわかっていません。

㊥土塁の上を歩けるようになっています。

㊨上千畳、城主の館があったとされています。

 

《 案内板 》

㊧城跡の案内板には、ルートや所要時間などが記載されています。

㊨福島県教育委員会の説明看板

 

 

 

 

 

口コミ新着
16.11.22
本殿(愛宕神社)が無くなっていたのには驚き!

15.10.06
(no title)

15.09.16
時間があるときに・・・

15.06.03
(no title)

このページのトップへ