南会津の観光スポット、イベント、ホテル・旅館などの情報をサポート!南会津を旅行する魅力をリアルタイムでお届けする観光案内サイト

文字サイズ
twitter facebook Youtube

スポット検索 ジャンルを指定

グルメ

温泉

体験

観光名所

宿泊

指定なし

スポット検索 町村を指定

全地域

下郷町

南会津町

只見町

檜枝岐村

スポット検索 キーワードを指定

生そば処かわちや (きそばどころ かわちや)

2009年5月に蕎麦の激戦区、南会津に新たに開店したお店。2008年まで十数年、御蔵入そばの会の会長も務めた店主は、なんと言っても自分のそばに対する思いが人一倍強く、蕎麦打ち歴は約30年。十割そばと南会津産玄そばに徹底し、そば粉も自家栽培してるというこだわりよう。遠く大阪、神奈川から食べにくるリピーターも多いのが特徴です。

住所

〒967-0004
福島県 南会津郡南会津町 田島字本町甲3847-1

TEL

0241-62-2167     FAX  0241-62-2167

営業時間

11:00〜14:30 毎週木曜定休

業種

そば

オプション

座敷駐車場 

 

南会津町田島地区の中心部、国道121号から少し入ったところにあります。

国道沿いに看板が出ています。

 

 

 

《 おしながき 》 こだわりの3品のみ
・もりそば 700円
・かけそば 700円
・季節の天ぷら 500円

 

 

 

 

《 そばへの情熱 》

 

そばへの情熱が高じて、種まきから収穫・乾燥・石臼挽き製粉・調理までを一貫して行ほどのだわり。湯ごね、水まわしをしっかりした平麺仕上げは滑らかなのどごしです。打ち粉は極力使わず、切ってからもできるだけ粉を落とすのも美味しいそば打ちの条件のひとつ。ご主人いわく、打ち粉は食べた時の食感・のどごしに影響してしまうとのこと。

 

 

 

自宅の一角をそのまま店舗にした店内は、親戚の家の座敷にいるような、堅苦しくないくつろげる空間。寡黙そうな御主人、猪俣菊治さんは、そばの話を始めると止まりません(笑)。奥深い話にあっという間に引き込まれていきました。

 

 

 

「そばは生き物だから」と、猪俣さんは語ります。

 

乾燥の仕方で、そばのつながりやすさや味もまったく変わるそうで、天日干しより、陰干しがよいそう。「田島近辺でできたそばの実は、甘皮を引き込んでも食感が落ちず、さらっとして香りのある歯切れのいい、のどごしのよいそばができるから、俺は好きだな」と。

 

そばを打ち始めた頃は、イベントに出店しても十割は「まずい、食感が悪い、短い」などの悪いイメージが強く、良さを理解してもらいたい一心でご自宅で営業を始めたんだそうです。お客様も、最初は半信半疑でも、お帰りの際は満面の笑み。「顔をみればわかる」という口調には、信念が感じられます。

 

味はお客様が判断することで、満足していただくにはひとつひとつの工程を丁寧に積み重ねてゆくこと。ただ、自分の納得のいくものを提供したいというご主人の情熱。極めようとする過程とそばへの真摯な思いから生まれた徹底したこだわり。「だからそばは面白い」と話すその姿に、あくなき探究心と職人魂を垣間見ました。

 

 

 

まんぷくグルメリレー第6回

 

知らず知らずのうちに食べきってしまう、というのがご主人の目指す理想のそば。嫌いな人もそば好きになってしまうこだわりの十割そばです。

 

 

《 オプション 》
席数 50席
貸切 可(20人~50人)
テイクアウト 可(お問合せください)

 

口コミ新着
16.07.14
(no title)

16.02.09
(no title)

16.01.06
(no title)

このページのトップへ