特集

おすすめ紅葉スポット


Loadingお気に入りに登録お気に入り一覧
おすすめ紅葉スポット

面積は神奈川県とほぼ同じ2,342km²という南会津4町村(下郷町、南会津町、只見町、檜枝岐村)。森林の割合は93%を占め、自然豊かな地です。そのため、秋になるとそこかしこで木々が赤や黄色に染まり、観光客のみならず多くのカメラマンを魅了します。この特集では町村別にオススメの紅葉スポットをご紹介します。

 

 《 下 郷 町 》

 

 塔のへつり
 会津地方を流れる大川が形成する渓谷で、国の天然記念物に指定されています。100万年という長い年月をかけて侵食と風化を繰り返し、約200mにわたって大規模な奇岩が立ち並ぶ景観は見度とです。スリルがあるつり橋も人気があります。
 ■お問合せ  0241-69-1144
(下郷町観光協会)

 

南会津 紅葉 南会津 紅葉 南会津 紅葉

 

 観音沼森林公園
 観音沼の周囲には四季折々の美しさを楽しめる花木等が植栽され、散策路が9コース整備され、春・夏・秋それぞれに違う表情を見せる観音沼を、ゆっくり散策しながら楽しむことができます。その神秘的な景観に魅了された多くのカメラマンが訪れることでも有名です。
 ■お問合せ  0241-69-1144
(下郷町観光協会)

 

南会津 紅葉 南会津 紅葉 南会津 紅葉

南会津 紅葉 南会津 紅葉 南会津 紅葉

 

 

 《 南会津町 》

 

 前沢曲家集落
 16世紀の終盤に横田城主・山内氏勝の家臣、小勝入道沢西という人が移り住んだことから始まった集落です。曲家のほか復元された水車小屋や歴史や文化を伝える曲家資料館があります。明治40年(1907年)に全戸が消失するという大火に遭い、その後、同一の大工集団によって一時期に各戸を建築したことによって、統一的な景観が生まれました。平成23年(2011年)統一的景観保護のため、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されました。
 ■お問合せ  0241-72-8977
(前沢景観保存会)

 

南会津 紅葉 南会津 紅葉 南会津 紅葉
2枚目の写真は南会津町さんのFBより

 

 古町の大イチョウ
 旧伊南小学校の校庭にそびえるイチョウの巨木です。樹令は800年余と推定され、樹高35m、根廻り16m、目通り11mという堂々とした姿です。福島県の天然記念物に指定されています。11月上旬、葉が黄色に染まった様は見事です。それに合わせてライトアップも行われます。
 ■お問合せ  0241-64-5711
(南会津町観光物産協会伊南観光センター)

 

南会津 紅葉 南会津 紅葉 南会津 紅葉

 

 屏風岩
 伊南川の急流が、長い歳月をかけて形づくった奇岩・怪岩が天をつくようにそそり立ち、むきだしの白い岩肌は紅葉の季節にはさらに映え、迫力満点です。
 ■お問合せ  0241-64-5711
(南会津町観光物産協会伊南観光センター)

 

南会津 紅葉 南会津 紅葉 南会津 紅葉

 

 

 《 只 見 町 》

 

 田子倉湖
 田子倉ダムは一般の水力発電所としては日本最大級の出力を誇ります。田子倉湖はダムによってできた人工湖で、ダムのたもとの田子倉レイクビューから遊覧船が運航しています。紅葉の季節に湖上から見る景色は見事です。
 ■お問合せ  0241-82-5250
(只見町観光まちづくり協会)

 

南会津 紅葉 南会津 紅葉

 

 六十里越雪割り街道(国道252号)
 只見町と新潟県魚沼市を結ぶ国道252号は「六十里越雪割り街道」と呼ばれています。越後山脈の山々が赤や黄色に染まる秋、県境付近の高台から見える景色はまさに絶景です。また、冬期通行止めが明けるGW前後の、新緑と残雪の景色も見事です。
 ■お問合せ  0241-82-5250
(只見町観光まちづくり協会)

 

南会津 紅葉 南会津 紅葉 南会津 紅葉

 

 

 《 檜枝岐村 》

 

 尾瀬国立公園
 日本が誇る高層湿原「尾瀬」。春のミズバショウや初夏のニッコウキスゲが有名ですが、長い冬を迎える前の残り僅かな時間、9月中旬から10月初旬にかけて、草木は燃え上がるように紅く染まり、金色に輝きます。写真は大江湿原の様子です。
 ■お問合せ  0241-75-2432
(尾瀬檜枝岐温泉観光協会)

 

南会津 紅葉 南会津 紅葉 南会津 紅葉

南会津 紅葉 南会津 紅葉 南会津 紅葉
写真は尾瀬檜枝岐温泉観光協会さんのブログより
 

 ブナ平
 国道353号を檜枝岐村内から尾瀬への玄関口御池へ向かう途中、道路の左右にブナの原生林が広がっています。紅葉の季節には色づいたブナが赤や黄色のトンネルのようです。
 ■お問合せ  0241-75-2432
(尾瀬檜枝岐温泉観光協会)

 

南会津 紅葉 南会津 紅葉 南会津 紅葉

 

 

 《 JR只見線 》

只見線は会津若松駅と新潟県小出駅を結ぶ36駅、135.2kmのローカル線です。険しい山々を只見川に沿って縫うように走り、その美しい景観から鉄道ファンのみならず多くの観光客を魅了します。10月下旬から11月上旬にかけて、奥会津の山々が赤や黄色に染まるころは、ぜひ一度は見ておきたい絶景です。

※2011年7月豪雨災害で会津川口駅と只見駅の間が不通となり、代行バスによる代替輸送が続いていますが、2021年度の全線復旧に向けて現在工事が進めらています。

 

 橋りょう(只見川)
 只見川にかかる橋りょうを渡る只見線の美しさは、全国のみならず海外にも知られています。只見川第一橋りょう、第二橋りょう、第四橋りょうの写真です。
 ■お問合せ  0241-48-5000
(三島町観光協会)

 

南会津 紅葉 南会津 紅葉 南会津 紅葉

 

 橋りょう(田子倉湖)
 旧田子倉駅がある前後、田子倉湖に注ぐ沢にかかる橋りょうを渡る列車です。前後がトンネルなので列車が地上に出ているのは650mほどです。1枚目が洗戸沢橋りょう、2枚目が余韻沢橋りょうです。
 ■お問合せ  0241-82-5250
(只見町観光まちづくり協会)

 

南会津 紅葉 南会津 紅葉

 

 車窓より
 走っている只見線の美しも見事ですが、車窓からも素晴らしい景色を見ることができます。紅葉の季節には臨時列車「風っこ只見線紅葉号」が例年運行され、多くのファンが只見線の旅を楽しんでいます。
 ■お問合せ  0241-48-5000
(三島町観光協会)
 0241-82-5250
(只見町観光まちづくり協会)

 

南会津 紅葉 南会津 紅葉 南会津 紅葉

 

 

このページの
トップヘ