南会津の観光スポット、イベント、ホテル・旅館などの情報をサポート!南会津を旅行する魅力をリアルタイムでお届けする観光案内サイト

文字サイズ
twitter facebook Youtube

スタッフブログ

2018/08/17 17:30

【お知らせ】8月24日(金)ふくしま香LINKプログラム

 

 

 

 

2018年8月24日(金)


TOMODACHIふくしま香LINKプログラム

福島県出身の学生が新しい観光のPRを提案!

香りが感情をつなぐ「わたしの福島」PRコンベンション開催


 

 

 

 

 

東京都世田谷区にあるAir Aroma Japan株式会社は、世界約100カ国のホテル、アパレル、商業施設、医療機関、オフィス、モーターショーなどへ香りによるブランデングや空間演出を提供しているオーストラリア生まれの企業です。

2016年からスタートした「TOMODACHIふくしま香LINKプログラム」の福島県出身の学生メンバーによる「福島県の新しい観光PR」についてコンペティション形式で発表するイベントを2018年8月25日(金)に在日オーストラリア大使館で実施します。

 

TOMODACHIふくしま香LINKプログラムは、在日米国大使館と米日カウンシルが主導する「TOMODACHIイニシアチブ」に賛同し、教育支援を通じたさらなる被災地復興支援を目的に、2016年から2019年までの3年間にわたり、福島県出身の学生を中心に福島のイメージをどのように香りでリブランディングできるのかを検討するプロジェクトです。

TOMODACHIイニシアチブとは、東日本大震災後の日本の復興支援から生まれ、教育・文化交流・リーダーシップなどのプログラムを通して、日米の次世代のリーダーの育成を目指す米日カウンシルと在日米国大使館が主導する民官パートナーシップで、日本国政府の支援も受けています。

日米関係の強化に深く関わり、互いの文化や国を理解し、より協調的で繁栄した世界への貢献と、そうした世界での成功に必要な国際的な視点を備えた日米の若いリーダーの育成を目指しています。

 

 

今年は全6回のプログラムを実施、コアメンバーを中心に毎回30名前後の福島県出身の高校生や大学生が「福島の魅力を伝えたい」「原発事故からの風評払拭や風化防止につなげたい」と、新しい地域活性ブランディングの方法「香りを使ったブランディング」について学び、福島の観光について考えてきました。

 

 

 

TOMODACHIふくしま香LINKプログラム

 

当日は、福島県出身の学生の目線で考えて福島県で開催されているイベント、観光地をPRする新しいアイディアを発表します。さらに、地方自治体やビジネス界、広告やメディアの世界の第一線で活躍する審査員や来場者が交流する貴重な機会にもなります。

 

 会場内には、1年間のプログラム過程で生み出された資料などを展示します。その他、ご来場いただいた方全員に、エアアロマジャパンより「香りを使ったブランディング」を取り入れた「ふくしまの香りと贈るお土産」をお配りします。

 

 

 

■開催日時:2018年8月24日(金)13:00~15:00

■会  場:在日オーストラリア大使館

■住  所:〒108-8361 東京都港区三田2-1-14

※オーストラリア大使館に入館するために事前登録が必須となります。お申込フォームより事前登録をお願いします。

 

goo.gl/forms/uDkm7cwEgGKPjeQ92

 

■お問合せ:AirAromaJapan株式会社 担当者:廣瀬

 

■スケジュール

12:30~ 受付開始(オーストラリア大使館1階エントランス内)

・13:00~ 発表会スタート

・ごあいさつ/プロジェクトの趣旨説明

・メンバー紹介/プログラム説明

・「わたしの福島」PRコンぺティション

・審査員よりコメント

・2018年度 TOMODACHI 香LINKプログラムについて

・15:30 発表会終了後/フリーセッションスタート

 

 

 

■ゲストアーティスト

 

(画像:熊谷育美 オフィシャルウェブサイトより)

 

熊谷育美(シンガーソングライター)

宮城県気仙沼市出身・在住のシンガーソングライター。

2009年メジャーデビュー。東日本大震災直後に今も全国で愛されている「雲の遥か」を発売。NHK復興支援ソング「花は咲く」プロジェクトにも参加。堤幸彦監督作品で映画主題歌に多く起用され2010年「劇場版 TRIK霊能力者バトルロワイヤル」で「月恋歌」、2015年「悼む人」で「旅路」が主題歌となり4作品目となった。「みなと気仙沼大使」のほか2016年より宮城県警察「みやぎ防犯広報大使」なども務める。

 

 

 

 (画像:Baliasi オフィシャルサイトより)

 

則枝千絵(舞踏家/振付師/演出家)

幼少よりモダンバレエを習い、18歳よりプロダンサーとしてTV、CM、PV、コンサートに多数出演。2003年バリ舞踏習得のためバリ島へ留学。帰国後バリ舞踏をベースとしたオリジナルアジアンダンス「バリアージ」を確立。イタリア、ハワイ、チェコ、シンガポール、スペイン、バリ、NY、LAでの公演を成功させ、2018年平昌冬季オリンピック公式公演に招聘さされる等、国内外で高い評価を得ている。五感を使った感覚的要素の身体表現を得意とする。

 

 

 

 

 

ふくしま香LINKプロジェクト 第2期生の活動

 

 

 

 2017年 福島県出身の学生とAir Aroma Japan株式会社が「ふくしまの香り」を発表

 

 

 

 

2018年2月 なかやま雪月火での活動 「雪月火の日にしか咲かない花」という物語とイメージする香りをつくりました

 

 

 

 

コメント投稿

投稿されたコメントは、ユーザの方々の主観的なご意見・ご感想です。

あくまでも一つの参考としてご活用ください。

口コミを投稿する
このページのトップへ