南会津の観光スポット、イベント、ホテル・旅館などの情報をサポート!南会津を旅行する魅力をリアルタイムでお届けする観光案内サイト

文字サイズ
twitter facebook Youtube

スタッフブログ

2018/02/20 09:00

【スタッフがゆく】2月16日(金)なかやま雪月火に行ってきました

 

 

なかやま雪月火が開催されました!

 

  2018年2月16日(金)

     

 

 

 

 

 

 

 

2月16日(金)~17日(土)下郷町なかやま地区にて「なかやま雪月火」が開催されました。

イベント会場である中山地区は人口約80人の集落です。14年前に地元の若者たちが、寒い冬でも地域を盛り上げて多くの人に集まってもらおうという想いからはじまり、2013年には日本夜景遺産にも登録されました。

 

 

 

 今年は2日間に渡って開催され、ミニかまくら作りから体験できるツアーや「ふくしま香LINKプログラム」によるプロデュースなど、新たな試みがありました。 

 

  

 

雪原の冷たい空気が、凛とした雰囲気を醸しだしています。 

 

 

 

 

 

4時30分になると参加者もチャッカマンを持って灯りを灯します。

 

 

辺りが暗くなりはじめると、カメラを抱えてベストポジションを求める人達が集まります。

 

  

 

 

  

真っ暗になると「まるで夜桜みたい」と歓声をあげる人、雪原に浮かび上がるたくさんの灯りに見とれて思わず歓喜の声が出てしまう・・・そんな光景でした。

 

 

 

どこから見ても美しい、その一言に尽きます。

そして、画像では伝えきれない幻想的な空間が広がっていました。  

 

 

これは猫の形をしたかまくらは、「ふくしま香LINKプログラム」チームによる作品です。

 

 

 

「雪月火の日にしか咲かない花」という物語とイメージする香りを作りました。

中山地区の厳しい冬の大地を表現するペパーミント、温かく灯る多くのろうそくをイメージしたベルガモット、ブラックペッパー、「なかやま雪月火」にかけたキラキラした希望

熱い想いを表現した華やかなゼラニウムや優しいベンゾインの香りがブレンドされています。

 

 

 

~雪月火の日にしか咲かない花~

 

 山奥にある小さな小さな町に、自分の住む町が大好きな少年がいました。

少年にとって、生まれたその町は雪がたくさん降るキラキラした場所です。

しかし町の人は「こんな何も無い場所。何が良いんだ。」

少年の大好きな町は、周りの人に馬鹿にされ、町の人もそれを気にして元気がなく、心がバラbらの町だったのです。

少年はそんな町を見ていることが辛くて、自分なりに何かできないかと考えます。

 

 

すると少年の前に1匹の黒い猫があわられました。

猫は少年をじっと見つめると、なんと人の言葉で少年に話しかけてきました。

「広い雪原にたくさんかまくらを作って、その中にロウソクで火を灯してごらんよ。きっと君の願いは叶うはずさ。」猫はそう言って何もなかったかのように少年の元から去っていきました。

少年はとても驚きましたが、猫の言った事は少年の心を動かし、一歩踏み出すには十分な力を持っていました。

 

 

少年は大きな瞳をキラキラと輝かせ、猫の話を町の人にします。

結局、誰一人少年の話を信じてくれませんでした。

その日の夜、真っ白で何もない広い雪原に少年は一人で立っていました。

少年はあきらめませんでした。そして信じていました。

猫の言った事を。そして自分自身を。

少年は一人で何個も何個もかまくらを作り、ロウソクを灯します。

彼は作り続けました。一つ一つ丁寧に。

そんな少年の姿と段々と増えていくかまくらを見て、町の人は考えます。

そして一人、また一人と少年と共にかまくらを作るようになりました。

 

やがて、ただ真っ白だった雪原には夜に輝く星に負けない程のロウソクの火による美しい世界が広がっていました。

その頃には町の人全員が少年と共にかまくらを作っていました。

 

 

最後のロウソクに火が灯ったその瞬間、今まで見た事も無い様な美しい花が少年たちの周り居一面に咲き出し、心が温かくなる香りが漂いました。

その日から少年の住む町では、毎年冬になると町の人全員で星空に負けない程たくさんのロウソクの火を雪原に灯し、その時だけ咲く美しい花を皆で愛でるようになりました。

今では遠くに住む人も、この光景を見るために足を運びます。

何ともないといわれた町は、どこの町よりも素敵でどこにも負けないキラキラした場所になり、町の人も笑顔で自分たちの町を誇るようになりました。

 

少年の願いは叶ったのです。

 

 

 

 

猫の形をしたかまくらの中には、このお話と共に芳しい香りに包まれていました。

本当に冷たい雪のような香りがして、その中にふんわり広がる甘さがあって、まさに「雪の中に咲く花」を香りで感じたような不思議な体験が出来ました!

ふくしま香LINKプログラム」次回のプログラムは、「福島県の花見×香り」です。お楽しみに♪

 

 

 


 

コメント投稿

投稿されたコメントは、ユーザの方々の主観的なご意見・ご感想です。

あくまでも一つの参考としてご活用ください。

口コミを投稿する
(no title)
omachiさん
歴史探偵の気分になれる
ウェブ小説「北円堂の秘密」を知ってますか。
北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。
グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索すればヒットし、小一時間で読めます。
その1からラストまで無料です。
順に読めば感動に包まれます。
重複、既読ならご免なさい。
お仕事のリフレッシュや脳トレにご利用下さいませ。
物語が観光地と絡むと興味が倍増します。
18/02/21 20:02:47
このページのトップへ