南会津の観光スポット、イベント、ホテル・旅館などの情報をサポート!南会津を旅行する魅力をリアルタイムでお届けする観光案内サイト

文字サイズ
twitter facebook Youtube

スタッフブログ

2017/05/09 11:00

【お知らせ】5/18(木)~23(火)鉄道風景画家 松本忠 作品展

 

 

上下分離方式の鉄路で復旧が決まったJR只見線。復旧後の鉄道施設を自治体が保有・管理し、車両運行はJRが行うことを上下分離方式というそうです。会津川口駅と只見駅間の復旧工事費、復旧後の維持管理費など、課題は大きいものの、只見線は地域住民の暮らしを支え、観光路線としての役割も大きく、南会津・奥会津の地方創生に不可欠なもの

 

また、会津鉄道では東武鉄道の新型特急「リバティ会津」がデビューし、浅草駅と会津田島駅間で直通運転を開始!GWは予約が取れないほどの人気ぶりでした。

 

さらには、JR東日本の超豪華寝台列車「トランスイート四季島」が会津若松駅に立ち寄るなど、会津地方は鉄道の話題がてんこ盛りです!

 

会津地方を鉄道で盛り上げるべく、鉄道風景画家「松本 忠」さんの作品展「ローカル線という名の作品」が会津若松市で開催されます。

 

花泉酒造の只見線ワンカップのラベルも手がけるなど、只見線を始めとする全国のローカル線を題材に、旅情・郷愁あふれる作品で知られています。

 

松本忠さんのオフィシャルHPはこちら

 

  

 

  

 

松本さんの作品の売り上げは、その一部を只見線と会津鉄道の応援のために役立てるそうです。

 

 

また、会津若松市にある三菱伸銅さんの写真部と写楽会のみなさんの懐かしい写真展が同時開催されます。昭和の香り漂う鉄分たっぷりの写真を堪能できます。

 

 

 

会場は、会津若松駅から徒歩7分の「会津町方伝承館」です(入館無料)。会津の伝統工芸、会津漆器、会津木綿、会津絵ろうそく、赤べこなどが多数展示販売されていまる、会津若松の立ち寄りスポットのひとつです。また、観光のみなさんで賑わう七日町通りへもすぐですので、ぜひお立ち寄りください。

 

■開催期間 5/18(木)~23(火)
    9:00~17:00
    ※最終日は15:00まで
■会  場 会津町方伝承館 2F企画展示室
    会津若松市大町2-8-8
■アクセス ・会津若松駅から徒歩7分
   

・会津バス「ハイカラさん」

 会津町方伝承館下車すぐ

■入 館 料 無料
■お問合せ 会津町方伝承館
    TEL:0242-22-8686
■そ の 他 ・只見線ポスター(B3版)を
     プレゼント
■チ ラ シ

画像クリック(PDF 1.4MB)

 

 

 

また、只見線を撮り続ける奥会津の写真家集団「写好景嶺」のみなさんの写真展が、下郷町と三島町で開催されています。そして、5/28・29には「SL只見線新緑号」、6/17・18には「只見線山菜満喫号」が運行されます。

 

  

コメント投稿

投稿されたコメントは、ユーザの方々の主観的なご意見・ご感想です。

あくまでも一つの参考としてご活用ください。

口コミを投稿する
このページのトップへ