南会津の観光スポット、イベント、ホテル・旅館などの情報をサポート!南会津を旅行する魅力をリアルタイムでお届けする観光案内サイト

文字サイズ
twitter facebook Youtube

スタッフブログ

2017/04/14 09:00

【お知らせ】下郷町と三島町で只見線の写真展開催!

 

上下分離方式の鉄路で復旧が決まったJR只見線。復旧後の鉄道施設を自治体が保有・管理し、車両運行はJRが行うことを上下分離方式というそうです。会津川口駅と只見駅間の復旧工事費、復旧後の維持管理費など、課題は大きいものの、只見線は地域住民の暮らしを支え、観光路線としての役割も大きく、奥会津の地方創生に不可欠なもの

 

ともあれ、復旧が決まったからにはあの手この手、そんな手こんな手で只見線を盛り上げていきたいですよね。只見線を応援し続ける写真家集団「写好景嶺(しゃすけね)」のみなさんの写真展が開催されます。

 

奥会津の郷土写真家「星 賢孝」さんをはじめとするみなさんの、素敵な美しい只見線の写真を見に、ぜひお出かけください。

 

 

 

奥会津の郷土写真家「星 賢孝」さんを中心に、県内外の写真家が集まり、鉄路での復旧の方針が決まった只見線を撮り続けているのが 「 写好景嶺 」 のみなさんです。読み方は「 しゃすけね 」 。”さしつかえない”、”大丈夫”という意味の会津地方の方言 「 さすけねぇ 」 からとったものだそうです。

 

平成23年7月に発生した新潟・福島豪雨災害により、鉄橋流出など甚大なる被害を受けた只見線。復旧の見込みも立っていなかった頃、いすみ鉄道の鳥塚社長の提案で、当時只見線や奥会津の風情に心惹かれ、只見線の早期復旧を祈る写真家たちが集まり、千葉県いすみ市で写真展を開催して以来、奥会津各地や、福島市、郡山市、東京都南青山などで、写真を通じて只見線や奥会津の情報を発信してきました。

 

写好景嶺のみなさんが撮った渾身の只見線の写真や様々な情報は、フェイスブックやツイッター、ブログで。

 

 

 

 

 

下郷町、旧落合分校の木造校舎をリノベーションし、ドキュメンタリー映画「やるべぇや ~檜枝岐歌舞伎~」、「生きてこそ ~会津の語り最後の伝承者山田登志美~」など、「安孫子 亘」監督作品の上映、カフェ、ショップ、ギャラリーとして運用されているのが「会津ジイゴ坂学舎」です。

 

今回の只見線復興祈念写真展は、会津ジイゴ坂学舎アートリレー芸術祭2017の一環として開催されます。会津鉄道の養鱒公園駅から600m。里山を歩きながら、懐かしさたっぷりのジイゴ坂学舎で、只見線の美しい写真をぜひご覧ください。

 

■開催期間 4/22(土)~5/31(水)
    10:30~16:00
    木曜定休
■会  場 会津ジイゴ坂学舎
    下郷町落合字ジイゴ坂1604-1
■入  場 無料 
■お問合せ TEL 0241-67-4426
    ジイゴ坂学舎のHP 
    ジイゴ坂学舎のFB
■最寄駅 会津鉄道 養鱒公園駅 600m

 

チラシ PDF 0.33MB

 

 

ギャラリーホールやイベントホール、和室など、様々なイベントや展示会などに対応している三島町の施設が「交流センター山びこ」です。

 

JR只見線の会津西方駅から1.4km。第二橋梁を撮りがてら、山びこに立ち寄って、写好景嶺のみなさんの写真をぜひご覧ください。

 

■開催期間 4/29(土祝)~6/30(金)
    9:00~17:00
    ※最終入館16:30
    月曜休館
■会  場 三島町交流センター山びこ
    三島町名入字諏訪ノ上418
■入  場 無料 
■お問合せ TEL 0241-52-2165
    やまびこのHP 
■最寄駅 JR只見線 会津西方駅 1.4km

 

 

 

チラシ PDF 0.13MB

 

 

 

うららかな春、さわやかな新緑、只見線の臨時列車に揺られてお出かけください。

 

  

 

 

コメント投稿

投稿されたコメントは、ユーザの方々の主観的なご意見・ご感想です。

あくまでも一つの参考としてご活用ください。

口コミを投稿する
このページのトップへ