南会津の観光スポット、イベント、ホテル・旅館などの情報をサポート!南会津を旅行する魅力をリアルタイムでお届けする観光案内サイト

文字サイズ
twitter facebook Youtube

スタッフブログ

2013/04/26 10:53

【これぞ南会津ブランド!】南会津町 田島のアスパラ vol.3

       南会津町 田島のアスパラ vol.3                                              

 

 

南会津町田島のアスパラ取材、甘くて旨みたっぷりの立派なアスパラを見せていただきました。

今回は、ちょっと時系列が前後しますが、「アスパラの苗」の取材のお話です。

これまでのアスパラの話題はこちらをどうぞ★

 

vol.1 出荷場の3色アスパラ

vol.2 白いアスパラの畑

 

 

南会津町のお隣、下郷町には、JAの育苗施設があります。

ここでは、様々な農産物の育苗が行われ、農家さんへと届けられます。

 

農産物は、畑に直接種をまいて育てるものももちろんありますが、

苗の時期はとてもデリケートなため、栽培管理が難しいのが一般的です。

また、南会津地域は5月までは雪が降ってもおかしくない場所なので、

この時期に畑で苗を育てるにはリスクが大きく、大きな損失になりかねません。

そのような諸々の問題を解決するのが、育苗施設です。

管理が徹底された育苗施設で高品質の苗をたくさん育てることにより、

 

農家さんは良い苗で栽培に専念できるんですね。

 

JAの育苗施設。温室のようになっています。

温度管理が徹底され、側面はもちろん開閉可能、屋根もオートで開け閉めできるようになっています!

 

お邪魔したのは4月中旬。アスパラの苗は丈が15cmほどになっていました。

観葉植物でも「アスパラガス」というのがありますが、苗の状態は葉っぱが細くて、触るとちょっと気持ちいい゚+.゚(*´∀`)b゚

 

 

 

アスパラは南会津地域だけでなく全国的に、畑に直接種をまかずにある程度苗を育ててから定植するのが一般的です。

こちらでは、セルと呼ばれる何十にも区分けされたポット(写真の黒い部分)に種をまき、苗を育てます。

セルで育苗すると、ここからスポッっと取り出してそのまま畑へ植えることができるので、

苗を傷めずに順調に成長させることができます。

 

 

根が育ち、底辺のあたりで何週かしたら定植の時期です。

 

 

 

さて、次回は、前回まででご紹介できなかった、紫アスパラの畑の様子もお伝えします!

どうぞお楽しみに。

 

 

 

コメント投稿

投稿されたコメントは、ユーザの方々の主観的なご意見・ご感想です。

あくまでも一つの参考としてご活用ください。

口コミを投稿する
このページのトップへ