日本語   English   韓国語   中文(简体字)   中文(繁體字)    
 
2013/10/28 09:20

【スタッフがゆく】紅葉の舘岩を歩く★たのせふるさと祭り&前沢曲家まつり

 10月最後の週末。南会津では一部中止になるイベントもありましたが、心配されたほどの影響もなく、南会津町舘岩地区の「たのせふるさと祭り」「前沢曲家まつり」は予定通りの開催となりました。

 舘岩地区の紅葉はちょうど今が見頃。これから町内の南郷地区、田島地区なども見頃を迎えてきますので、今週~来週あたりが南会津町の紅葉狩りにオススメと言えそうです。

 

 

 

【たのせふるさと祭り】

舘岩の赤かぶやそば粉など、地元産農産物の直売や、昔ながらの臼と杵を使った餅つきなどが行われていました。

イベント予告のブログでもお伝えしましたが、たのせ地区が地域づくりの活動のひとつとして特産化に向けて試作している「ぜんびん」と「ばんでいみそうず」、気になっていたので試食してみました!

 

 

「ぜんびん」

 さつまいもやかぼちゃ、だんごなどの具が入ったお汁粉のようなもの?あったかい餡がかかっています。私がいただいた時には具が冷えてしまっていたので、食べる直前まであたたかくしておけばもっと美味しくいただけるかなと感じましたが、寒い日の冷えた身体に沁みわたる優しい甘さは誰もがほっとする味ですね。1人前150円。

 

 

「ばんでいみそうず」

 この舘岩地区で昔から食べられている郷土食に「ばんでい餅」があります。「ばんでい」とは盤台(ばんだい)=木の切り株などの台のことで、この台の上でうるち米のごはんをつぶして餅にしたことから「ばんでい餅」という名前が付いたという説があります。このばんでい餅が入った味噌汁=「ばんでいみそうず」なんですね。

 具は大根、人参、ごぼう、しいたけ、鶏肉など。豚汁のようですが鶏としいたけのダシが効いていて、身体があったまります。ばんでい餅が入っているので、食べごたえもあります。告知チラシに掲載されているものより具が少ない!?と思いましたがそれもご愛嬌^^;この日の販売価格はこちらも150円と激安!での提供でした。

 ぜんびん、ばんでいみそうず、どちらの料理も試作中とのことなので、今後の発展に乞うご期待!

 

 

 

 

【前沢曲家まつり】

 

農家の貴重な労働力だった牛や馬と同じ屋根の下で暮らすために工夫された住まい「曲家(まがりや)」の風景を今に残す集落として国の伝統的建造物群保存地区に指定されている前沢集落。この日は集会所などが解放され、あったかいなめこ汁や郷土料理のはっとう、ばんでい餅などを楽しむ人でにぎわいました。

 

 

晴れたり曇ったりのまずまずの天気でしたが、黄色や赤に色づいた山々と茅葺き屋根の曲家の風景はなんとも言えない風情がありました。

 

 

 前沢集落内の無人直売所でものすごい色のかぶ?大根?を発見!左側はこのブログでもたびたび登場している舘岩名産の赤かぶですが、右側はそれよりもとにかく「赤いっ!」 この野菜は一体なにものなんでしょう?後日、取材班が舘岩の赤かぶ収穫の取材にお邪魔する予定ですので、この真っ赤な野菜についても話を聞いてこようと思います。

 

 

 

 

 ちなみに、こちらが南会津町伊南地区の「古町の大イチョウ」。樹齢800年をこえると言われています。こちらは色づきはまだまだ。11月になってからが見頃のようですね。この古町の大イチョウの近くには、温泉好きが全国から多く訪れるという古町温泉「赤岩荘」があります。大イチョウの迫力ある紅葉を眺めたあとは源泉かけ流しの秘湯に浸かる。晩秋の南会津もしみじみとした楽しみがありますのでぜひお越しくださいね。

 

 

 

 

 


コメント投稿

投稿されたコメントは、ユーザの方々の主観的なご意見・ご感想です。

あくまでも一つの参考としてご活用ください。

口コミを投稿する