南会津の観光スポット、イベント、ホテル・旅館などの情報をサポート!南会津を旅行する魅力をリアルタイムでお届けする観光案内サイト

文字サイズ
twitter facebook Youtube

スタッフブログ

2013/07/12 16:45

【これぞ南会津ブランド!】南会津町 南郷トマト vol.5

 

これぞ南会津ブランド! 南会津町 南郷トマト vol.5

 

 南郷トマトの生育状況レポート5回目。前回、「次はいよいよ収穫!」とお伝えしましたが、さすがに「定植」の次がもう「収穫」では怠慢取材!と言われそうなので(汗)、7月上旬はハチによる受粉が行われているとのことなので、再び馬場さんのハウスにお邪魔してみきました。

 これまでの様子は下記をご覧ください。 これぞ南会津ブランド! 南郷トマト vol.1  vol.2  vol.3  vol.4

 

定植から3週間。もうこんなに大きくなってる!

もう実もできてますよ!

 

 6月中旬の定植の時には40cmくらいだったトマトの苗は、3週間後の7月上旬には推定120cmくらいまで成長!すでに実もできはじめています。この時期のハウスの中ではハチによる受粉作業が行われているとのことでしたが、取材に伺う時間が遅かったのかもうハチさんは本日の仕事を終え、あらかたご帰宅されてしまったようで・・・(汗)

 

 馬場さんのお宅では、受粉作業はハチの力を借りて行っていますが、そのために「ニホンマルハナバチ」という種類を購入するそうです。ミツバチともまた違う種類だそうで、たしかに身体はミツバチよりちょっと大きめ。国内からニホンミツバチが姿を消した、なんてニュースが何年か前にありましたが、ここでも外来種などとの交雑を防ぐためハウスの外に出ていかないように全てのハウスがネットで覆われています。ハチさんのお住まいも、木箱みたいなものかと思っていたら、清潔さが保たれる使い捨て可能な段ボールの外装でした。

 

ハチの巣箱。ハチさん達はもうご帰宅です。

株の上のほうには花が咲いています。

 しかも、私は衝撃的な事実(大げさ)を聞いてしまいました。馬場さんいわく「トマトの花の蜜は美味しくないですよ」ですって。 え~!

受粉が出来て蜜も採れての一石二鳥(?)だと思ってたのに!「甘くないから本当はハチも別にトマトの蜜は採りたくないんだと思いますよ。ハウスの中に他の花があったら確実にそっちに行っちゃいますからね。それもあってトマト以外の花に行けないようにネットを張ってる。(笑)」

 他の甘そうな花が無くて、しょうがないからトマトから蜜を採ってるというなんとも消極的な手法(苦笑)ではありますが、このハチさん達のおかげで人の手間をかけることなく、くまなく受粉作業ができるんですね。「トマトの蜜ってどんな味がするんだろうね~」なんて若干期待して(笑)いたんですが、そうかぁ甘くないのかぁ・・・甘くない花というのもあるんですね。当たり前か。

 左上の青い部分にハチさんの出入り口があります。出動時間になるとここから続々と皆さんご出勤。その姿、見てみたかった・・・

 トマトは下から順番に実が成っていきます。根本に近いほう、下から"1段目"はもうかなり実が大きくなっており、そこからだいたい30cmくらいの間隔で"2段目"は小さめの実"3段目"は受粉したばかりの小指の先ほどのかわいい実、そしていちばん上の"4段目"にはちょうど花が咲いていました。というふうに1つの株を下から順に見ていけば、トマトの成長過程をほんの10秒ほどで見られちゃうというお得な(?)取材が実現します。

 7月の下旬にはいちばん下の段の収穫が始まり、2段目、3段目と時期をずらして収穫ができます。最終的には株は4mにもなるそうですから、10月まで収穫が続くのも納得です。

株の最上部に花が咲いています。

その2~30cm下には、終わった花からミニサイズのトマトが。

そのさらに下に、ピンポン玉くらいのトマト。

いちばん下のトマトはこぶし大まで成長!

表面にちょっと白い点々が出ているの、わかりますか?これが元気に育っている証拠!

 

これがまた1か月もすると鬱蒼としたトマトの森に・・・

そんな様子も乞うご期待

 よくよく見ると、いちばん下のトマトはツヤツヤと光沢がありますが、その上のまだ小さいトマトはいわゆる「つや消し」の状態。ある程度まで成長しないと、トマト本来の美味しそうなつやは出てこないんですね。さらに、トマトの成長過程で表面に白い斑点が見えてきますが、これは病気ではなくて良く育っている印なのだそう。馬場さんの畑のトマトはしっかり表面に斑点が現れていました。いよいよ収穫の時期が楽しみになってきました♪

 

 馬場さん宅の南郷トマトの収穫は7月下旬から始まるそうです。一万数千本ものトマトはそれから次々と収穫期を迎え、8月上旬には最盛期を迎えます。では次は収穫の始まる今月末ですかね!

 「7月から収穫することはしますけど、まだ数が少ないから朝早く収穫してすぐ終わっちゃいますよ。」「早くとはたとえば・・・」「5時頃ですかね」「じゃもうちょっと採れるようになってから取材に来ます」ということで次回の取材の時期はすぐ決まりました。(笑) 最盛期になると朝早くからお昼近くまで収穫に時間がかかるそうですのでその頃に山盛りの南郷トマトをお目にかけたいと思います。決して早起きが嫌だったわけじゃありませんよ、決してね。

 ということで次回は8月上旬、収穫の様子をお伝えしたいと思います!お楽しみに。

 

 

コメント投稿

投稿されたコメントは、ユーザの方々の主観的なご意見・ご感想です。

あくまでも一つの参考としてご活用ください。

口コミを投稿する
このページのトップへ