南会津の観光スポット、イベント、ホテル・旅館などの情報をサポート!南会津を旅行する魅力をリアルタイムでお届けする観光案内サイト

文字サイズ
twitter facebook Youtube

スタッフブログ

2013/06/13 17:15

【これぞ南会津ブランド!】下郷町 渡部農園のりんご vol.2

  これぞ南会津ブランド!下郷町 渡部農園のりんご vol.2                 

 

~命のリレー~

 

新緑が澄んだ青空に映える季節となりました。 

農作物たちは、これから太陽の光と恵みの雨を受けて、育ち盛りの成長期に入りますね

梅雨入り前の会津地方、今後の”恵み”に期待したいです

 

「渡部農園」さんのりんご、今回は2回目となりました。

 前回の5月には、可愛らしい「りんごの花」を取材させて頂きました。

 ミツバチも飛び始めていたので、受粉して実となり…どれ位生長しているでしょうか?

 

  

 

新緑に囲まれた農園を歩くのは、空気がとっても美味しくて清々しい気分になりました。

早速、見てみると…1か月前は、満開のお花だったのが・・・まだ小さいですが立派な実となっていました!

 1本の木に約1000個も実らせるそうです。

 

  

 

今日は、渡部さんのお父さん、おばあさんも動員しての作業でした。

代々受け継がれてきた農家を守り、より効率良く美味しく出来上がるように、試行錯誤しながら繋いで来られた事は

並々ならぬご苦労があっての事と思います。

 80年もりんごに携わってきた90歳のおばあさん、手際良く作業をする姿には脱帽です。

いつまでも若々しくいられるパワーの源は「甘い物」(特にあんこ餅)だとか・・

 

 

 

今日は、この実を選別していく「摘果」(てきか)作業です。

  • 果実の数を制限することにより,1つづつの果実により多くの栄養がいき届くようにする意味があります。

 選別のポインは…平べったい形と長細い形を比べると、長細い形の方が大きくなりやすいので残します。

生長した時に枝にぶつからないような実を選び残します。

 

 この作業は1度では、見落としがあったりするので、2度3度と摘果を行って慎重に実を選んでいくそうです。

「人間と一緒で、一回だけでは分からないから…何度かテストするんだ」と渡部さん

 

   

 

 そして、美味しそうな「赤色」になるようにする為に、太陽の光が良く当たるように日光を遮るような葉を落とします。

また、肥料を多く与えすぎてしまうと「木」そのものが大きく生長してしまい、実を作る為の生長にならずに

「フォアグラ状態」(栄養過多)となってしまい、病気にもかかりやすくなってしまうので、加減が難しいそうです。

 

ここで、教えて頂いた豆知識です。植物の生長には2つの種類があります。

○栄養生長とは…茎や葉などの栄養器官(非生殖的な器官)のみが生長して上へ向かって大きく伸びる 

○生殖生長とは…花が咲いて実となり種子となり子孫を残す為の生殖器官の生長 

※実を成らせる為には、「生殖生長」をさせなければならないので「子孫繁栄指令」を与えてあげるそうです。

子孫繁栄指令とは?上に向かって伸びる枝を切り下向きになるよう鋏を入れる事で、栄養生長が遮られる為に

生命の危機を感じて「子孫を残さなくはならない!」と生殖生長が強まり、命のリレーが繋がれていくそうです。

 また、 こうした適度なストレスが実の締まった美味しいりんごを作るのには必要だそうです.

 

 

余談ですが・・・

私の自宅で育てていた大きな柿の木を、家の新築に伴って切らなければならない事になり

最後の収穫となった年には、これまでにない大量の柿を実らせていた事を思い出しました!

家族では、お別れの挨拶だったのかな?なんて話していましたが…

生命の危機を悟って、一生懸命に命を繋ごうとしていたのですね。。。

 それにしても、どうして切られる事が分かったのでしょうか?

 

 

1つの木になったりんごを、摘果によって「5分の1」の約200個にします。

手塩にかけて育てている沢山のの小さな実から、残すものと残さないものを選ぶのは、少し心が痛むようでもありますが

そうする事が美味しいりんごに繋がると思うと 潔く「虫に食われた」と思うようにしているそうです

 真っ赤な美味しいりんごは、選ばれしりんごだったんですね

やはり、食べ物を頂く際には毎回感謝の心」で「いただきます」をしなくてはいけませんね

 

次の作業は、7月に「枝切り」です。どうぞお楽しみに♪

動画でもご覧ください。

 

 

コメント投稿

投稿されたコメントは、ユーザの方々の主観的なご意見・ご感想です。

あくまでも一つの参考としてご活用ください。

口コミを投稿する
このページのトップへ