お知らせ

スタッフがゆく南会津ふるさとワークステイ 10/30(火)南会津町南郷でひめさゆりの種の仕分け作業


Loadingお気に入りに登録お気に入り一覧

 

ふるさとワークステイ

 

 

農家さんに泊まって、農作業のお手伝いをして、農業を実践的に体験してみるのが『 南会津ふるさとワークステイ 』です!

 

ふるさとワークステイ

昨年度は15名の参加者があり、田んぼや畑で、田植え、稲刈り、栽培管理、収穫など様々な農作業体験をされました。楽しさだけではなく、大変さや難しさ、知識の必要性などを学んだそうです。

 

※画像をクリックすると「南会津ふるさとワークステイ通信 2017年度版」がPDF(0.9MB)開きます。

 

 

そして、なんと!「南会津ふるさとワークステイ」に参加した千葉県のご夫婦が、只見町への移住が決定しました!ふるさとワークステイに参加後、2016年から只見町で二地域居住を開始。今年(2018年)の4月から1年間、南郷トマトの研修を経て就農することが決まっているそうです。

 

 

《 南会津町田部で野菜の収穫と栽培管 》

 

ふるさとワークステイ10/30(火)に、ひめさゆりの種の仕分け作業と、カラー球根の仕分け作業を体験したのは、福島県内にお住いの馬場さんです。

馬場さんは自動車関係のお仕事をされているそうですが、数年前から定年退職のない農業に興味を持つようになったそうです。実は南会津町のご出身で、ご実家は以前は農業をされていたこともあり、たまたまネットで知ったふるさとワークステイに申し込みました。

Uターンするにしても、ハードルはそれほど高くない馬場さんなので、今回の体験など、いろいろな体験や話を聞きながら将来を考えていきたいそうです。

 

 

ふるさとワークステイ今回お世話になったのは、南会津町南郷で花卉の生産をしている月田さんのお宅。すっかり秋模様の農園で、南会津町を代表する花「ひめさゆり」の種を仕分けや整理をお手伝いしました。

ちなみにですが、受け入れ農家の月田さんのご自宅の軒下はこんな感じ。冬に使う薪をただ積んでおくのではなく、ちょいとおしゃれに、ちょいとかわいく、遊び心満点に楽しんでいます。

 

 

 

 

ふるさとワークステイ

今年度の「南会津ふるさとワークステイ」の詳細は、ブログで詳しくご紹介しています(バナークリック)。

 

 

このページの
トップヘ