お知らせ

スタッフがゆく【南会津ふるさとワークステイ】6/1(土)~2泊 りんご農園で摘果作業(下郷町)


Loadingお気に入りに登録お気に入り一覧

南会津ふるさとワークステイ

 

「南会津ふるさとワークステイ」とは、農林業や農山村に関心があり、農作業や農村への滞在を希望されている方が農作業等を手伝い、農家の生活を体験するものです。 農業に興味ある方はもちろん、初めても方でも申し込むことができ、チャレンジコース(実践コース)と、猫の手コース(お気軽コース)の2種類あります。参加者の都合や作物(農作業)に沿って事務局が農家さんと日程を調整しますので、無理なく参加することができます。

6/3(月)に取材したのは、東京都にお住いの藤井さん。6/1(土)から週末を利用し、下郷町の果樹農家 星さんのお宅で農作業を体験しました。

 

南会津ふるさとワークステイ《 東京都 藤井さん 》

・東京都在住
・市役所職員
・26歳
・独身
・ネットで知った
・大学時代に南会津町出身の友達がいた
・今のところ移住や就農は考えていない

 

《 農作業の様子 》

体験したのはりんごの摘果作業。秋の収穫時に実が大きく、おいしくなるように、余分な実を摘んでいきます。枝には結構な数の実の元が成っているので、良さそうなのだけを残して他ははさみで切り落としてしまいます。

藤井さんにとっては初めての作業ですので、初めのうちはだいぶとまどいがあったそうです。

南会津ふるさとワークステイ 南会津ふるさとワークステイ 南会津ふるさとワークステイ

 

南会津ふるさとワークステイ 南会津ふるさとワークステイ 南会津ふるさとワークステイ

 

《 インタビューの様子 》

大学時代に南会津町の田島高校出身の友達がいたこともあり、南会津のことは知っていたそうです。東京からそれほど遠いとも感じないし、旅行好きなこともあり、田舎体験ができるワークステイに応募しました。

東京出身で長男でもあるので、今のところは東京を離れるつもりはなく、縁もゆかりもない土地への移住や就農には抵抗があると。

南会津に来て感じたのは、食べ物がおいしいこと。山菜、野菜、お米など、この土地ならではの食事が嬉しかったそうです。
南会津ふるさとワークステイ 南会津ふるさとワークステイ 南会津ふるさとワークステイ

 

《 南会津ふるさとワークステイ 》

南会津ふるさとワークステイ今年度(2019年)の「南会津ふるさとワークステイ」について詳しくご紹介しています。

 

 

 

 

このページの
トップヘ